ボーダーコリーと茶トラ猫

微妙な関係のボーダーと3ニャンズ 犬猫観察・お散歩・お出かけなど思いつくまま 気の向くままを綴っています

☆ニャンズ☆ ソファーでのつくし

2015-06-30 | ニャンズ


ソファーで寛ぐ つくっちゃん


つくっちゃんは


いつも このソファーのサイド 少し盛り上がった部分に頭をのせて寛いでます


なんか そうしているのが落ち着けるみたいで





時にはひとり腕枕していたり








物思いにふけってたり しています







以前は 娘にそんなところを見つかろうものなら


そんなところに頭をのせ 枕みたいなことして生意気! という意味不明な理由で


ソファーの平らな部分に 体をずらされてたんですけど


可愛さ余って ついつい意地悪なことしてみたくなるという 厄介な女(娘)がいないので


今は毎日 ソファーの上で平和に過しています 





にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほん
ブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

☆ボーダー☆ 無題(親子みたい)

2015-06-29 | ジャック


夕方 ランへ

梅雨の晴れ間 爽やかな風がフィールドを覆い

気持ちのよい黄昏











今日のひとこま


ランでボーシスターズ(チョコ&マロちゃん)といると


「親子みたい」と言われる





チョコちゃんは Jの口元をペロペロ舐めにやってくるので


以前 マジ、親子ですか? と聞かれたこともある (Jが母犬か?と)(笑







いつも ランで遊んで 帰るよ! と言うと ↓ こんな顔をし 嬉しそうに出口へ向かう





頭の中は お家帰ったら ごはん! なんでしょうね(笑





にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほん
ブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

☆ボーダー☆ 肌寒い

2015-06-27 | ジャック

昨日とはうってかわって 気温が20℃前後と肌寒く

蒸し暑くないだけ 体も軽く

夕方 いつもより少し早い時間に土手を散歩










スーパーで今夜は何にしようか? と

あまり悩む間もなく 鍋 にしよう! となったほど 暑いではなく寒く感じた梅雨の1日 

久々に食べた鍋は 旨かった~!




にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほん
ブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

☆ボーダー☆ 雨の日の定番

2015-06-26 | ジャック


今日は 朝から雨降り

梅雨らしいお天気というか 日中、蒸し暑かったです

この蒸し暑さが辛い飼い主

  

仕事から帰ると 何だか体が重くて何もする気になれず

エアコンかけると Jさんの部屋のベットで横に

すると 当たり前に ベットに上がり 人の顔にケツを向けて横になるJ



雨音を聞きながら 肌に触れるほの温かさに安らぎを覚え

まどろむひと時に 言いようのない心地よさを感じる

雨の日は 一緒にうたた寝が今や定番の過ごし方になっている





にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほん
ブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

☆ボーダー☆ 65歳までかな?

2015-06-25 | ジャック


飼い主休みの水曜日 朝 グランドのある土手を散歩

今時期 ヒメジョオンが あちらこちらで咲いています





何かをじっと見ていたので 何かと思ったら カラス


↑ 屋根の上にカラスが3羽

吠えこそしませんでしたが 視覚に入ったのが気に入らないのか睨見するJ

土手にいるならまだしも よそのお宅の屋根にいるカラスなんて

ほっとけや!って思うんですけどね 





この時期 朝散歩したら 気温の下がる夕方まで暑くて Jさんお供にお出かけもできないので

今日は 柴系ミックスのシニアわんこに会いに私ひとりでお出かけ~しました

13歳の彼は 一人暮らしのおばあさんが飼っていた犬で

そのおばあさんが突然事故で亡くなり残されたわんこなんですね

他県に住むおばあさんの家族の方も すぐに彼と暮らせる環境になく

しばらくの間(2年) 彼がいるお宅から歩いて行ける距離に住む麦ママさん(←私の犬友さん)が

善意で彼のお世話・散歩に通ってて どんな子か会ってみたいと思い お邪魔させてもらいました

話には聞いていましたが 小ぶりな可愛いお爺ちゃんわんこでした

お土産に ささみジャーキーをもって行ったら

爺ちゃん ぴょんぴょん跳ねて大喜び とても13歳の爺とは思えない動きしてました(笑

彼13歳にしておすわりを覚え 待てもできるようになったと麦ママさん

おすわりをして ささみジャーキーに熱い視線を送る爺ちゃん ワニ食いでなく優しく食べてくれました

彼の散歩コースを 麦ママさんと一緒に歩いて その後 麦ちゃんに会いに


柴犬・ごま 麦ちゃん

麦ちゃんは 娘(麦ちゃん)を溺愛するパパさんのお傍で 看板犬 してるんですよね


↑ 撮影協力のギャラに熱い視線の麦ちゃん

ランではなかなかタイミングが合わず 思うに麦ちゃんに会うのも久々でした









13歳の爺ちゃんと麦ママさんと散歩しながら

犬と暮らせるって何歳ぐらいまでだろうねぇ~?なんて話してて

わたし自信 自分の責任においてで考えると 身体的に普通に日常生活できてたとして65歳までかな? と

犬の一生も短いけど そう考えたら私の年齢だと犬のいる暮らしができるのもそう長くはないのかと、、、

そんなことを思ってみたりした黄昏でした






にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほん
ブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加