発達小児科医の館

障害児医療理解を求めるために!!小児神経学会社会活動委員・/富山大学医学部診療指導医・臨床教授)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自閉症と漢方薬について

2009年07月07日 | 自閉症は治療可能か?
http://www.iida-neurological-clinic.biz/publicity/index.htmlhttp://www.iida-neurological-clinic.biz/publicity/index.html

飯田 誠先生のサイトから 参考になります〜。↓

いろんな問題行動で悩んでおられる、自閉症や知的障害児(者)のご家族や教師、施設の職員に対する助言や当人に対する治療を行ってきました。

 とりわけ好評なのが自閉症の漢方治療で、家族による効果評価は、80名(3〜38才)の中で、50%以上改善したと記入したものが、睡眠障害が100%、多動が89%、パニックが78%、自傷88%、突然の暴力90%、聞き分け83%、コミュニケーション81%、会話能力60%、集団参加79%等であります。自閉症の漢方治療は発見12年目で、まだ医学の世界で広く認められてはいませんが、世界的に自閉症の治療法はないとされる現在、画期的な治療であると自負しております。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前より、ADHD、チックなどには、抑肝さん加ちん皮半夏や、抑肝さん、
また、夜泣き、癇癪には、かん麦だいそうとう、などなど、評価されている
漢方薬は一般的です。小生の10年以上前から、発達障害に使用しておりますが、
まず、適切な時期に考えてもいいかなあと思います。

ジャンル:
ウェブログ
キーワード
知的障害児
コメント (2) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« H1N1型インフルエンザは非定型的... | トップ | 自閉症:解明へ一歩 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
漢方薬 (りゅうパパ)
2010-01-20 12:08:04
漢方薬の効用に関して、興味があります。
もっと、詳しいことや、処方などは、どうすれば、分かりますか?

富山まで、行く必要がありますか?
こちらは、静岡県です。
よろしくお願いします。
漢方薬の処方 (よっちゃんのパパ)
2010-02-09 16:19:54
「自閉症と漢方薬について」興味深く拝見しました。18歳になるAPの息子はパキシルを処方してもらっていますが,副作用で吐き気を感じることが多いようです。富山県内でも,自閉症に漢方薬を処方していただけるところがあればいいのですが。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。