7MHz帯電圧給電型アンテナをつくってみました

2016-10-16 19:52:25 | Weblog
 JAIA(日本アマチュア無線機器工業会)の移動運用に関する
資料に紹介されている電圧給電型アンテナを作りました
 製作はすみましたが、調整をしないと実際の使用には耐えません
今日は天候も良いので、いつものあわら市の場所に移動しました

 アンテナアナライザでエレメントの長さを調整を繰り返し、
おおむね希望の範囲に収める事が出来ました
CW,RTTYでの運用が中心になるためのバンドの下にあっています
ただ、エレメントが20mにもなるので重みでしなります

FT-817の3WでQRPでCQを出してみました
QRPなのでバンドの下の方でオンエア
当初はそれほどでもなかったので、しばらくすると3Wですが
たくさんの局に呼ばれます 817の受信が飽和状態です
 途中、狼煙を上げるとか言われる高齢者グループがやってきて
発炎筒を炊きあたり一面、煙が漂い車のドアを閉めるなどの
騒ぎとなって中断もしたりしました

 交信くださった方々にはありがとうございました
新しいアンテナを手に入れました

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福井県六所山からの無線運用 | トップ | 大仏寺山尾根歩き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。