残しておきたい今日の1枚

函館近郊で撮影した写真、その中のお気に入りや思い出となるもの1枚を残しておきたい

湖面を幻想的に流れる“灯籠”...

2017年07月22日 | 日記

108回目を数える「大沼湖水まつり」...。この「大沼湖水まつり」は明治39年(1906)に湖面
に“灯籠”を流し水難事故の犠牲者の霊を慰めたのが起源。地元寺院の住職らによる読経の
後、参列者が“灯籠”を湖面に次々と浮かべ、約2千個の灯りが大沼を幻想的に流れていく...

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “オオバユリ”... | トップ | 大沼の空を照らす3千発の“大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事