JA8WGX無線日誌

DXの話題を中心として独断と偏見で書き連ねています。

RS-BA1をいじってみた。

2016年10月13日 | 無線生活

 RS-BA1を色々使ってみました。まずは、23インチワイドディスプレイ2台の各種ソフトウエアの配置です。同時に立ち上げているのはRS-BA1、logger32+MMVARI、Mozilla(Webブラウザ)たまにTurboHAMLOGをです。

 

 こんな感じで配置しております。今のところこれが一番見やすいかと思います。RS-BA1だけ15インチディスプレイに表示するとスマートなんですが、それは追々考えます。

さて、前回はこれで有料はいかがなものかと書いてしまいましたが、色々使ってみると、このソフト結構使えます\(^o^)/。

まず、前回投稿記事の訂正です。A=Bが出来ないと書いてましたが、出来ます。マウスポインターで長押しすると出来ました。

コントロールソフトを接続するとコントロールソフトの操作が優先され、本体の方で切り替えたりしてもコントロールソフトの設定に強制的に変わります。

しかし、ボタン、ボリューム、周波数UP、DOWN等は任意にショートカットキーを設定できるのでほぼ無線機本体の操作をキーボードから行えます。

小さな本体のディスプレイをタッチするより扱いやすいです。他のソフトとはCOMポートを共用することになるのでVSPEというCOMポートをシェアするソフトを使用しています。

Logger32とのCOMポートのシェアがうまく行かなかったのでIC-7300内でCI-VとUSBを切り離し、CI-VとPCのCOM7を繋げてLogger32に接続しています。

本体では表示されない各種情報も画面で一括して見ることが出来ます。電源のON,OFFもコントロールソフトから出来ます。

スタンドアローンでも十分役に立ちますが、Net経由での遠隔操作で使ってこそ、このソフトの真価が発揮されると思います。

我が家ではせいぜい居間からLAN経由でのQSOが関の山・・・(^_^;)

宝の持ち腐れかな?hihi

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« RS-BA1を購入 | トップ | 5エリアに行ってきます。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。