Sam's style de JO7MJS

< Selamat datang!/ Welcome! > since 2005 also JA8RXD/YB3ASM

Countor for Arduino vol.5

2016-10-31 | 日曜電子工作
 カウンターの内部構造です.

 改造なので,Arduino(秋月電子のキット) とリレーユニットを追加しただけですが,電源周りも手直ししています.
 DC24vなので,そこからリレーを介して,DC5vとDC12vを作ってます.
 DC12vは,Arduino 用でDC5vは,アンテナロータのリセット用です.
 クランクアップタワーを下げる時,アンテナを一定方向へ向けて下げないとTVアンテナと干渉してしまうのです.
 それをロータのコントローラにあるボタンSWで回転させるのではなく,このユニットのボタン(左端)を押すとその位置へアンテナが回転する様にしていまして,その為の切換リレー用電源.

 今までは,元々クランクアップタワーのコントローラのDC24vから直接DC5vを作っていました.
 ただ,そのDC24vはトランスで電圧変換してブリッジダイオードとコンデンサだけなので,定電圧化されていないのと,ノイズが多いのか誤動作する事があって,ついでに別電源にしてみましたが,その効果は完成してからですね.
 そんなわけで,先週末は電源とリレー周りを仕上げて,単体の動作チェックは終わってます.

 後は Arduino と LCD 周りの配線でして,LCDの高さ表示とUp/Downボタンのインターフェイスは,TrSWで行うつもり.
 Up/DownボタンはLEDが点灯するので,その信号からH/Lを作り, Arduino に判断させる様にします.

     

 実は,このコントローラをセットしないとタワーの昇降が出来ないのですわ.
 ところが,今は製作途中なのでクランクアップタワーの上げ下げする時は,都度取付けてやってるので面倒な訳.
 ただ,平日は自宅にいないから,何とかなってるのですよ.

 ちなみに,ケース上部がいびつになっていますが,これは,ケースの高さを改造して低くした為です↓

     

 本当は高さが40mm程あったのですけど,それを25mmまで下げる為に折り曲げ加工した時の曲げた跡です.
 上蓋と前面パネルを取付けて全く判らない様にしています.
 これは,棚の高さが足りなかったのと,少しスリム化したかったわけです.
 タカチのケースで,200mm幅×25mm高は有りません.

 さて,ここまで来たら,マンパワーだけです.
 やっと,終わりが見えて来ましたよ.

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PTT SW | TOP | Jog in Urayasu bay »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。