Sam's style de JO7MJS

< Selamat datang!/ Welcome! > since 2005 also JA8RXD/YB3ASM

バグキーの使用感と操作の難易度

2007-04-22 | アマチュア無線
 知合いの現役プロの通信士いわく,昔,船舶無線室のデスクには必ず,ストレートキーとバグキーが置いてあったそうです.昨年の8J7IWAKIではもっぱら,そのプロの人とCWでサービスしていたのですが,圧巻はトップバンドのCW.
 こっちはPCロギングとパドル.色々とゴチャゴチャ並べて配線している私の設備を尻目にさりげなく置かれたBK-100.パドルはエレキーが無いと複式電鍵.ところが,バグキーはそんな設備が無くても短点自動送信のメカ式セミオート.

 8J7IWAKIのトップバンド1stオペレートを譲ったのですが,そのバグキーの操作にしばし見とれていました.CWでQSOしている時,妙に長点が長い独特の符号が送られてくると,ははぁ,バグキーだなって直ぐ判り,それがバグキーだと思っていたのですが,そんな事はないのですよ,バグキーでも全く普段と変わらない符号を送っていまして,時折,洒落で長点を長くしていました.

 あのバグキー操作にあこがれ,しばらく箱に入れたままのレフティー用に改造したBK-100を取り出し,ついでにスペアパーツとしてオークションで手に入れたBK-100をレフティ用にウッドベースを作り取付けたのも,これが布石だったわけ.ちなみに,画像は短点操作をしている時に写したのでしたが,シャッターが早くて短点がブレていませんね.

 前置きが長くなりました.

 まずは使用感(レバーを打った時のタッチ)をお話します.
 BK-100改(左手用に改造したから)とBK-150(勝手にアイテムNo.を決めました.BK-50の様にオープン構造でBK-100のパーツを使っているから.)を打ち比べると,BK-100改はABS樹脂(だと思う)が周りを囲んだソリッド状態.しかし,BK-150の場合は,ウッドベースの上にパーツを並べた為,指先への反動はBK-100改と比べると若干ソフトです.

 ただし,接点の当たり具合や振り子の板バネの状態も同一とはいえませんからハッキリと断言は出来ないのです.既に販売が終わってから何年も経ち,経年変化も当然あると思うからです.また,BK-100にはマイナーチェンジが色々行われています.BK-100改は初期の頃のバージョンで,旧JISネジとレバー周りは金属の削り出しをメッキ加工しているのですが,BK-150はISOネジが使用されて,コストダウンなのかプレス鋼板が使われている比較的新しいバージョンなのです.その為,レバー周りの金属重量も違いますから,これだけでもタッチの差はあります.慣性重量の違いはモーメントアームの作用も当然変わってきますから...ってあまり,妙な話は止めます.

 ただ,一番の原因はやはり,ウッドベースに組んだ事が,反動をソフトにしたのは間違いないでしょう.

 さて,操作の方です.

 まず,バグキーの動きですけど,短点はエレキーの電子的符号をアームと錘により機械的に短点速度を決めています.その速度に合わせて,自ら長点の速度を合わせて打つのです.ところが,短点の速度に長点速度が追従しないと,短点が早くて長点が妙に長いアンバランスな符号になり,それがバグキー独特の符号になるのかなと考えています.でもそれってヤッパおかしいでしょ.CWの符号の1:3に対してバグキーは除くなんてのはないはずだから.

 私の場合,ストレートキーの操作と同様に,バグキーも難しいのは長点の長さ.短点:長点の比が1:3なのですが,この長点の長さの度合いにいつも苦労しています.あと少し長ければと思う,そのタイミングが非常に難しいのです.これは練習あるのみか.

 例えば CQ と打った場合.
     ツートツート ツーツートツー

 となれば良いのですが,
     ツートツート ツーツートツー

 となってしまいます.
 長点が1つの時は問題ないのに,長点が連続して2つ以上続くと,どうもうまくない.このツーとツーの差は,ほんのわずかなのですよ.気持ちの問題か.どうしても長点は意識して打たないとツーになってしまいます.

 文献などでは,指をレバーの両サイドに置き,手のひらの一部が机に着いている状態でそこを軸として指を両サイドに振って信号を作り出すと書かれているし,現にそうやって練習しているのですけど,短点と長点の長さの比1:3は受信音やエレキーのモニターで普段から聞いている長さのはず.だのに指が勝手に離れてしまうのかそれとも符号のリズムと手の振りがアンバランスなのかも知れません.ただ,そのアンバランスを消す為の王道はなく,練習あるのみでしょうね.

 以上,バグキーを手にした感想ですが,これは,ハイモンドのBK-100でのお話でバイブロやGHDのバグキーは使った事が無いので判りません.ただ,中々良さそうですよね.観賞用にも十分なクオリティーです.

 お勧めは,やはりバイブロと言いたいのですが,バイブロってUSA製でしょ,そうするとたぶん,インチネジを使っていると思うのです.ハッキリとは言えませんが.これって非常に重要な事で,後でメンテナンスとなるとホームセンター辺りで売っているISOネジとは合わないので,困ってしまいます.だから,国産のGHDが良いかと思いますね.

 ちなみにベンチャーのパドルもインチネジだったから,以前,BY-2の中古を譲ってもらったのですが,止めネジが1個欠品だったのですよ.その頃は単身赴任中だったので,移動時に秋葉原へ寄ってインチネジを買ったのですが,それってラッキーなだけで,普段はインチネジを売っているところ探すのも大変ですから.Maid in USA も良いのですがそろそろ,国際標準規格のISOネジ使ってほしいですよ.

 こんなモンでご勘弁を...>ハリー伊藤さん

 結論,はっきり言ってバグキーはストレートキー同様,難しいっす.
 なんだそりゃぁ~.ではでは...

 
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京出張 | TOP | オール東北コンテスト開催 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | アマチュア無線

Similar Entries