JA8MEMのつれづれ日誌

趣味のアマチュア無線での出会いやカメラ片手の散策の出来事を写真とともに綴るブログです。

“味覚の秋”をお裾分け...

2016-09-18 22:42:51 | 七飯町・大沼公園

 毎年、この時期中標津町の友人に七飯町の「プルーン」を送っているが、まだ少し早いかも知れないと思いながらも毎年お邪魔をしている果樹園を訪ねた...。

 果樹園では、「少し早いねえ...」といいながらも笑顔で予約を受け付けてくれ、今月中には首を長くして待っている中標津の友人の口に届けられそうだ...。

                               

 店頭には、既に「ブトウ」や「リンゴ」並び、ドライブ途中の方が立ち寄り、大きな袋に詰め込み買い込んでいく...。「リンゴ」は早生でまだ少し酸っぱいが、「ブドウ」は種なしのバッフアローや旅路といった種類は甘くいくらでも食べられそう...。いよいよ“味覚の秋”...、今年も何度かこの果樹園に通わせてもらおうかな...。

     

 ところで、先の台風の影響は?...、と果樹園の中を見学させてもらった。やはり「リンゴ」は相当落ちたようだが、ハウスの中でブドウの収穫をしていたお祖父さんは「それでも、うちは被害が少なかった...。リンゴの木を根こそぎやられたところもあるんだ...」とのこと...。

           

 リンゴの木は根があまり深くなく、強風には強くない。風がリンゴ並木の間を通り抜ければいいが、風向きによって並木に直角に当たると意外に弱いという...。ここの果樹園では、リンゴは「紅玉」、「ふじ」、「王林」など13種類も栽培しているそうだ。順次、もぎ取っていくが収穫は10月末までかかるという...。今年は台風が北海道を狙っているようなので、だまだ気を休める暇はなさそうだ...。

 

 お祖父さんは、90歳を超え70年以上も果樹園で仕事を続けており、「確かに昔に比べると機械化もされ、ハウスも整備されて仕事は楽になったが、その分投資に金がかかるので昔と一緒で何も楽でねえ...」と話している...。

 「若い者からは邪魔だから働かなくても良いといわれるんだけど、こうしてブドウ畑に来れば元気がでるんだあ...」とブドウにハサミを入れながら楽しんでいるようにも見えた...。すっかりお祖父さん仕事の邪魔をしてしまったが、昔話を楽しく聞かせてもった...。

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今も見ごろ“田んぼアート”.... | トップ | “地上90m”のプレゼント.... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

七飯町・大沼公園」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL