JA8MEMのつれづれ日誌

趣味のアマチュア無線での出会いやカメラ片手の散策の出来事を写真とともに綴るブログです。

冬の夜空を彩る“海上冬花火”...

2017-02-12 22:19:59 | 函館港

 函館の冬を盛り上げようと開催されている「はこだて冬フェステバル」...。これに合わせて函館の夜空に色とりどりの花火が打ち上げられる“海上冬花火”、今年も8日から5日連続で、毎日2000発打ち上げられた。花火は、浴衣姿でうちわ片手にといった夏のイメージだが、澄み切った冬の夜空に打ち上がる花火は一層の煌めきを感じさせてくれるんだよ、そんな誘いに乗って今年は3日間若松ふ頭に花火見物に...。

 去年だっただろうか吹雪で2日ほど中止になったことがあったが、今年は風も弱く雪が降っているわけでもないが、さすがに海の傍足下から冷気が忍び込んでくるのがわかるほどの厳しい寒さ...。午後7時半過ぎてもなかなか人が集まらない、警備の方に「観客が来ませんね...」と声を掛けると、「ボチボチ集まるでしよう...」。そのことばの通り、打上げ時間の7時40分何処からとなく集まり岸壁に列が出来のほど、と同時に摩周丸をバックに函館港を覆うほどの大輪が打ち上げられる...。

                 

 打ち上げ場所は摩周丸近くの海上とあって、大輪の花は頭の上...。次から次に打ち上げられる花火は激しい音ともに開きその迫力は半端でない...。さすがに見物している観客からも「わあ!!...きれいだ!!」との歓声も聞こえる...。

 夏の花火大会のように見物客は多くはないが、澄み切った冬の夜空に上がる花火は最高...。相変わらず上手に撮影できなかったが、寒さに負けずに3日間参加できたことを良しとして...、いや、来年は5日間参加しなくっちゃ...。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日のランチは、ホテルの和... | トップ | “命名”されずに進水式... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL