JA8MEMのつれづれ日誌

趣味のアマチュア無線での出会いやカメラ片手の散策の出来事を写真とともに綴るブログです。

“処暑”...

2016-08-23 22:09:35 | Weblog

 今日23日は二十四節気の一つ“処暑”(しょしょ)...。「まだ暑さは残る季節であるが、暑さも峠を越す頃」だという。函館は今日も最高気温が28度を超え、昨年はこの時期22~23℃だったので、かなり気温は高い。これが1週間に3個の台風が来襲することに繋がっているのかも知れない...。

 確かに、“処暑”は暑さが峠を越す頃といわれているが、その他に「穀物が最も大切な成長期を迎える時期に台風が発生し始める頃」だと注意喚起を促している面もあるそうだ...。そんなことを考えると、「暦」はよく出来ているもんだと常々感心させられる...。

 今日の函館の「夕陽」...。日の入りは午後6時25分、真っ赤に燃えながら落ちる夕陽は明日も暑い一日を予感させる。“処暑”の効果は来週になってからかなあ...。

 

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

“台風9号”北海道に向かって北上中...

2016-08-22 20:32:18 | Weblog

 台風7号が先週7年ぶりに北海道に上陸...、と大きく報道されて間もなく、昨夜は台風11号が釧路市付近に上陸と年に二回、しかも本州などに上陸せずに直接北海道に上陸するとなると観測史上初めてのことだという。

 ところが、追い打ちをかけるように今度は“台風9号”が北上中で、これも北海道への上陸を狙っている。まさに北海道は台風銀座になってしまったかのようだ...。それも、台風7号の後に来たのが11号、その後に今回の9号とまったく行儀が悪い。この間の台風の進路を確認すると、8号は南シナ海からベトナムへ、10号は房総半島沖で発生し迷走しながら四国・九州・沖縄に向かい、今も沖縄近海で停滞している。

 今年の台風は第1号が7月3日に発生と遅く、第2号が7月24日に発生して1ヶ月足らずで10個も発生するなど気象予報士にいわせると「まさに異常」だという...。いろいろと原因があるそうだが、じゃ、この後どうなるんだろう...。統計上、年間20~25個程度の台風の発生が予想されるので、この調子でいくと9月は毎週のように台風が発生してもおかしくないと予想している...。

  

 今日の午後、所用で西部地区を車で走ったが、時折雨が降っていたがそれほど強い風もない。しかし、函館は今夜から明日の朝にかけて大雨が予想され、今もスマホから東部地区に「避難準備情報」の緊急メールが流れている...。何事もなく“台風9号”の過ぎ去るのを待つのみ...。

 

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑かった函館の夏を送る“湯の川温泉花火大会”...

2016-08-21 22:03:08 | Weblog

 函館の夏の終わりを告げるといわれている“湯の川温泉花火大会”...。今年は、暑い日が続いたこともあって、夏を送るに相応しい花火大会になるかも知れない。ところが台風11号の影響かスッキリしない空模様...、正午過ぎに主催者のHPを見ると「花火大会、予定通り実施!!」とある。車を止める場所を探さなければと、少し早めに打ち上げ場所に近い根崎町を目指す...。

  

  以前は松倉川に灯籠を浮かべ温泉街ならではの風情あるイベントもあったが中止となり、寂しさはぬぐえない...。しかし、松倉川河畔には50軒を超えなんとする屋台が並び、霧雨が舞う中を若いカップルが浴衣姿で闊歩し花火大会を盛り上げている...。

                               

 打ち上げ開始は午後7時40分...。羽田空港に向かう最終便の飛び立つのを待って打ち上がるはずだが、なかなか上がらない。隣で待っている夫婦からは「早く上げないと雨が落ちてくるぞう~...」と心配の声も上がったが、ほどなくして花火は湯倉川河口から打ち上がる...。

             

 それこそ雨を心配したのか、始まると約3千発という花火は次から次と打ち上げられ、大輪の花や流れ落ちる花びらのような花火を、海岸近くの護岸に上から眺められるとあってその迫力に多くの見物客も行く夏を惜しみながら歓声を上げ楽しんでいた...。

                                                    
  と、終わりを告げる「5段雷」の花火...。もう1時間...、例年よりちょっぴり短かった気がする。暑い毎日が続いているものの、海から吹き付ける風は冷たく、秋の到来を肌で感じた“湯の川温泉花火大会”に「函館の夏は終わったなあ...」といいながら家路につく...。

 

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

函館の“寿司”でお持て成し...

2016-08-18 22:47:22 | Weblog

 函館は、予想通り台風一過で青空を眺めることが出来たが、道東地方では未だに大雨による河川の増水や土砂崩れの恐れもあり避難所に身を寄せている方もあるという。一方、出来秋を前に農作物への被害もありそうで、これからが本格的な台風シーズン、農家の方も収穫が終わるまで気が抜けない...。

 先日、茨城の知人が「函館を経由して札幌に向かう用務の出張で、函館に立ち寄るんだけど...」とメールをもらった。昨日遅く着いて、日中仕事を終え函館空港から最終便で札幌に向かうという、慌ただしい日程...。

                  

 制限時間は凡そ1時間...。「じゃ、少し早いけど“寿司”でも食べながら...」と空港へ見送る途中、湯の川温泉の一角にある寿司屋さんに案内した...。

     

 春に立ち寄ってくれたときも函館駅前近くの寿司屋さんに案内したが「函館の“寿司”は美味しい...」といってくれ、気をよくしての今回の案内となった。寿司屋さんでセットものでお願いし、仲居さんが“寿司”が並べられた大きな器が運ばれると「白身魚とウニは醤油より塩がいいですよ...」と塩の入った小さな器を置いていく...。

 塩は素材の味を引き立てる調味料といわれるが、確かに“寿司”ネタに塩を振りかけ口に入れると甘さが際立ち美味しい...。醤油味が続いた後、合間に塩味を口に入れる、少し通になって気分になる。今度、寿司屋さんにいったら「エビを握って、それと小皿に塩を...」なんて注文してみたいもんだ...。

                   

 そんなことをしながら、“寿司”を口に運んでいると制限時間一杯の1時間...。彼は「やっぱり函館の“寿司”は美味しい...」と喜んでくれたので、「次は、子どもさんを連れて新幹線で...」と誘い、時計を見ながら空港へと車を走らせる...。

 

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

“台風”北海道に7年ぶりの上陸...

2016-08-17 21:00:09 | Weblog

 14日日曜日、北海道に接近し道東地方を掠めていった台風6号、追いかけるように台風7号が北海道を直撃するとの報道...。これまで“台風”が北海道に接近する場合、日本海や本州付近から北上するコースがほとんどなのに、日本の東方海上から接近するコースはきわめて珍しいという...。

 昨夜から道内各地では猛烈な雨風に悩まされており、台風7号は今日午後襟裳岬付近に上陸、“台風”が北海道に上陸するのは7年ぶり、これが直接北海道に上陸するのは23年ぶりだという...。確かに、“台風”はまず沖縄からとのイメージでいるが、今年は北海道が“台風”の通り道?...、これも温暖化の影響と気象予報士は解説する...。

 ところで、函館も午前中「大雨警報、土砂災害警戒情報」、東部海岸地区には「避難勧告」が出され、スマホからけたたましい音とともに次から次と情報が流れてくる...。幸い、市街地での被害情報は聞かないが、所用で出掛けた函館駅前は観光客の皆さんが傘を差しながらお土産を買い込んでいた...。

             

 ここ暫く雨がなかったので駅前の花壇の花たちも一息ついた様子...。鮮やかな色で楽しませてくれているが、傘を差している皆さんの目にはなかなか止まらないようだ。予報では、明日は“台風”一過?天気は回復しそう...。そう、「土砂災害警戒情報」、「避難情報」などの防災情報は午後8時30分すべて解除された。

 

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大神輿、一気に“石段かけのぼり”...

2016-08-15 21:44:14 | Weblog

 函館八幡宮では、2年に一度例大祭に御神体を乗せ函館の西部地区を巡行する神輿渡御(みこしとぎょ)が行われている...。巡行の最後は、“大神輿”が境内の本殿に続く石段を一気に駆け上がる“石段かけあがり”が行われた...。

 巡行は、神様が市民の暮らしをつぶさにご覧になるのが目的とのことで、約200人が交代で神輿を担ぎ八幡宮から朝市、函館駅前、大門など約6・5㌔の道程を練り歩いた...。午後5時前、巡行を終え石段下の鳥居の前に到着...。

       

 

                             

 午後5時、花火の合図とともに神輿が動き出す...。まず、たいまつで石段を清め、御神馬に続き、谷地頭保育園の園児が担ぐ子ども神輿、剣道門下生の担ぐ神輿、担ぎ手が女性で行う女神輿が見物客の「ガンバレ!!」の声を聞きながら次々と石段をかけのぼる...。

                 

 最後に市の有形文化財に指定されているという重さ 約1.5トンの大神輿を白装束と烏帽子姿の70人ほどで担ぎ上げ、気合いの入った「ワッショイ、ワッショイ」の掛け声とともに134段の石段を一気に駆け上がる...。

                                                                           

 その間わずか1分余り、参道に集まった大勢の見物客も、その迫力に驚きながらも歓声と拍手で応援...。前回は上から見物していたが、今回は石段の下の方から大神輿の駆け上がっていく姿を眺めさせてもらい、その勇壮な神事を楽しませてもらった...。

 

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

“サブちゃん”芸道55周年をふるさとで歌う...サマーカーニバルin知内

2016-08-14 23:57:31 | 木古内町・知内町

 毎年、生まれ故郷に恩返しと知内町出身の歌手北島三郎さんが参加して行われる「サマーカーニバルin知内」...。ここ何年か出演が叶わなかったが、北島三郎さんの“芸道55周年”と10月4日の誕生日で80歳を迎えることから、「“サブちゃん”の出演は今年が最後...」と聞き、混雑覚悟で知内町へ車を走らせた...。

      

 案の定、かなり早めに着いたつもりだが既に会場近くの駐車場は満杯...。少し奧の知内高校グランドまで誘導され、何とか押し込んでもらった。会場となる知内川の河川敷には大きな特設ステージが作られ、ステージの前には既に大勢の観客が開幕を待っている。また、会場の周りには30張り近いテントを張った露店が並び焼きそば、焼き鳥、魚介類を焼く香ばしい臭いが漂い、どの店も大盛況...。

  

 

        

  いよいよメインの歌謡ショーの始まり...。陽も落ち舞台の飾られた「王冠」に淡い電飾が灯される中をサマーカーニバルに5年ぶりに出演する“サブちゃん”こと北島三郎さんが、何時もテレビで拝見する伍代夏子さん、瀬川瑛子さん、原田悠里さん、福田こうへいさん、大江裕さんなど8人の歌手の皆さんを伴って登場...。それぞれが新曲やデビュー曲、持ち歌などを次々と熱唱、観客からはペンライトが振られ大きな拍手が送られる...。

                              

  知内町出身で北島さんのいとこに当たるという松前ひろ子さんも特別出演し、二人で「やっぱり故郷知内が一番...」と語り、松前ひろ子さんの三女が今回参加している三山ひろしさんと結婚していることを紹介する話で盛り上がる...。

   

 歌謡ショーは約2時間半近く続いたが、この間北島三郎さんは軽妙な語りで司会を務めながら歌声を披露...。その張り切りように「“サブちゃん”大丈夫かなあ?。80歳だべえ...」と観客から心配の声も聞こえたが、まだまだ元気...。その元気さに驚かされる...。

                              

 会場で計数機を押しているスタッフの方に「来場者はどれぐらい?...」と訪ねると、首をかしげながら「3万人は超えたかも知れない...」と答えてくれたが、知内町の人口は約5千人だから、後は何処から来たんだろう...。それにしても歌手の皆さんは凄い、「テレビで見た方が...」とも思ったが、その迫力はテレビでは味わえないし、プロだから当たり前といえば当たり前だが、素晴らしい歌声にすっかり魅了させられてしまった...。

                                      
  カーニバルの最後は花火大会...。北海道新幹線開業記念と銘打って、会場のすぐ脇から次々と打ち上げられ6千発のロケット花火は圧巻...、ただただ口を開けて見上げるだけ...。

 ところが、帰りが大変だ...。奧に押し込まれたこともあって、国道まで出るのにどのくらい時間が掛かったのか。ちょうどリオ五輪の女子マラソンがスタートし、マラソンのゴールが先か、函館の我が家に着くのが先か、競争になってしまった...。

 

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は“函館夜景の日”...

2016-08-13 21:49:22 | 七飯町・大沼公園

 今日13日は“函館夜景の日”...。平成3年(1991)に一人の高校生の発想から、8を「ヤ」、13はトランプのキング「K=ケイ」に当てはめ「夜景の日」として、普段より一層光り輝く函館夜景を楽しんでもらおうと、午後8時13分を期して市民に函館山側の窓を明ける協力をお願いするなど各種イベントも行われた。第10回を契機にその目的は達成されたとしてイベントなどは打ち切られたが、あれからもう25年、4半世紀にもなるんだなあ...。

 そんなことを思い出しながら、函館山は混雑して無理と思い、七飯町の城岱牧場展望台に車を走らせた...。若干靄が邪魔するものの、展望台からの夜景は、大野平野から函館市街地、函館山、数は少ないが津軽海峡に浮かぶ漁り火も夜景に彩りを添えてくれる...。少し冷たい風に頬を撫でてもらいながら裏夜景を堪能してきた...。

 ところで、リオ五輪も半分が終わった...。日本人選手の活躍に夜遅くまでテレビにかじり付き寝不足気味だが、しかし、彼らから元気と感動をもらい、寝不足も吹っ飛ばしてくれる。当初、「目標は金メダルです」と言わされている彼らをみて、世界で戦うのはそう簡単でないはずと同情し日本記録を、せめて自己記録の更新して帰ってくれば最高...、と願ったものだ。

 ところが、オリンピックが始まると日本人選手は次から次とメダルを首にかけ、日本中を沸かせ金メダルだけでも既に前回ロンドン五輪の7個に達し、後半戦もメダル候補の種目がありこの後も寝不足は続きそうだ...。どの試合を見ても彼らは簡単そうにやってのけるが、試合に勝ったとき、負けたときの涙する彼らの姿からその努力は半端なものでないんだろうと想像がつく。その努力を無駄にしないためにも、ぜひ力の限り頑張って...、とテレビの前で今日も応援を続ける...。頑張れ、ニッポン‼️...。

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も見つけた“ひまわり畑”...

2016-08-11 22:34:37 | 北斗市

 今日11日は「山の日」で祝日...。今年から祝日になったが「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」だそうだ。何故8月11日なのかよく分からないし、この時期の祝日といっても夏休み期間中ではあまり喜ばないのでは...。いや、働く人にとってはこの祝日に絡めてお盆休み・夏休みが取りやすいのかも知れない...。

 

 毎年近郊の“ひまわり畑”を探し歩いているが、昨年はやっと見つけたものの見ごろを過ぎてがっかりしたこともあり、今年こその思いで祝日「山の日」の休みを利用して大野平野を走り回った...。やっと見つけた“ひまわり畑”は北斗市追分、それほど広くはなかったが太陽に向かって花を大きく広げている...。

         

 早速、脚立を持ち出し少しでも広く見せようと、あちこち歩き回っていると農家の方が出てきて「ひまわり?珍しいかあ...」とニコニコしながら声をかけてくれた。「夏の花だから好きなんですよ...」と答えたものの理屈になっているのか、答えてしまってから少し考えてしまう...。

   

 「ひまわり(向日葵)」の名前の由来は、太陽の動きにつれてその方向を追うように花が回るといわれたことかららしいが、この動きは生長に伴うもので、実際に太陽を追って動くのは生長が盛んな若い時期だけだそうだ。この“ひまわり畑”の花、太陽を背にしているものも見られるので、見ごろはあと少し...。

 

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北海道新幹線を見下ろす“城岱牧場”...

2016-08-09 22:35:49 | 七飯町・大沼公園

 心配した台風5号は北海道の東の海上に遠ざかり、函館には影響はなかったものの、南から吹き込む暖かい風で気温が上昇し今日も30℃を超え4日連続の「真夏日」...。しかし、猛暑が続く西日本の皆さんに言わせれば「函館はまだ天国だろうよ...」という声が聞こえそうだが...。

  

 夕涼みを兼ねて七飯町の町営“城岱(しろたい)牧場”へ裏夜景見物に...。夕陽もついでにと欲張ったが、雲一つなく真っ赤な太陽が山並みに落ちていくだけで絵にならず...。それでも“城岱牧場”に放牧されている牛が大野平野を横切る北海道新幹線を見下ろしながら草を食む姿をカメラに...。

                                                                        

  “城岱牧場”は、七飯町の北東の丘陵地に位置し、大正9年に村有牧野・草野放牧地として始まり現在は160㌶を草地造成し町営牧場として利用している。5月~10月は最低気温5℃、最高気温22℃、真夏でも涼しく快適な環境である。北に駒ヶ岳、南に函館山、南西眼下には大野平野を一望できる風光明媚な牧場で、憩いの場として素晴らしい自然の景観や宝石をちりばめたような夜景を楽しむことが出来る。(展望台の案内板から)

 その夜景も楽しもうと思っていたのだが、台風5号の影響なんだろうか標高約500mにある“城岱牧場”は風が強く三脚が落ち着いて立ってくれず、また風も冷たく半袖姿では耐えられずに残念ながら退散、夜景は次回に持ち越し...。

 

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加