P.S.出雲から 八雲立つ空へ-SP(Special Performance)

「八雲立つ空へ ~出雲空港写真ギャラリー~」を陰日向に支える、いわば増加燃料タンクのような存在です?

旗艦アンドロメダ

2017-04-04 21:54:44 | 宇宙戦艦ヤマト

既にこの響きがうれしいですね。宇宙戦艦といえば、コイツでしょう。
ということで、本編は見てないんですが(近所でやってないから仕方がない)アンドロ
メダもリテイクされて登場してきました。
なかなかうまく立体化できない船として有名なこの戦艦、3面図を見ると、イメージを
壊さないように上手いところに落としてきた感じがします。
ただ、どうも馴染めないのがこれ。

マークが多すぎないか…
地球連邦=U.S.C.FとCOSMO NAVYのマークが併存。何かガチャガチャしている。
識別番号はAAA-0001で、就役(調達ではないよね)が2202年てことなんだろうが、そん
なもんあっちこっちにチマチマ書くことないと思うんだよね。何箇所書けば気が済むのか。
おまけに微妙に書かれた内容が違う。艦首や艦橋側面にはA01と書いてあり、おそらく
省略するとそうなるんだろうけれど、よく見るとAAA-0001の記述も併記。なんだこりゃ。
AAAはAdvanced Ability Armamentの略だそうですけどね、これもまたバカ正直に一番でか
いサイズの艦名と併記。
はっきり言って、この辺のマーキングは練られていない気がする。
そもそも444mもある宇宙戦艦に書かれたこれらの表示は、誰が見るためのものなんだろう。
少なくとも艦隊を組んでいる他艦から見える必要はないし(ちゃんとレーダーで識別して
いる)、どれだけ意味があるのだろうか。先の大戦では帝国海軍も艦名を塗りつぶしたく
らいだし、海自の艦艇も略番と艦名だけしか表示していない。

そう考えると、このマーキングは多分に宣伝を兼ねたデモンストレーション用ではないか?
という妄想が浮かんできた。進宙式専用、あるいは一番艦ゆえのS/Cということでどうだ
ろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ご無沙汰でした | トップ | アンドロメダ級 2番艦 AAA-... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。