P.S.出雲から 八雲立つ空へ-SP(Special Performance)

「八雲立つ空へ ~出雲空港写真ギャラリー~」を陰日向に支える、いわば増加燃料タンクのような存在です?

更新

2017-06-17 22:36:53 | 出雲的ヨタ話

永らく頑張ってくれましたが、いよいよ不具合も増えてきたので
更新することになりました。2010年7月納車ですからけして古くは
ありませんが、気がつけば13万kmというナカナカの孝行ぶり。例の
雨漏り事件以来、小さなトラブルがある度に修理費が飛んでいき、
10万kmオーバーで交換部品がかさみ、結構笑えない維持費になって
きました。今度の車検でもエアコン系など想定以上に部品交換が必
要で、悩むことに。
何となく長い付き合いだと思っていたので、誤解していたのだけれ
ど、7年目なんだよね。ヘタリ具合から、9年目だと思ってたよ。乗
り潰したというのは早すぎるが、SUBARUは10万kmが節目という伝説
の通り、仕方がないのかもしれない。

とはいえ、代替車が車検までに入ってこなければどうにもなりません。
GT系インプレッサは発売以来しばらくたったので、何とかなりそうで
すが、XVは発売直後。納車待ち3ヶ月が普通なSUBARUでは流石に駄目
っぽい。まあ無理でしょうな、と思ったのだが、細々仕様を望まなけ
れば間に合うというのだから、困った。特に色がほとんど選べない。

引き返す事ができる最後の瞬間はこの時だったかもしれないが、
誘惑に負けました。
そうそう、新型XVのイメージカラーは先代のオレンジからうって変わ
って、ソリッドなブルーグレー。クールグレーカーキなる色なのです
が、実際に試乗車を見るとあまりカーキっぽくない、普通のブルーグ
レーでした。戦闘機の迷彩色をイメージした、という説もあり期待し
たのですが、案外飛行機っぽくなかったので断念。アメリカ系でもロ
シア系でも空自系でもなく…何処かで見たようだが、何とも言えない
色になっている。これで、明らかにロシア機のブルー迷彩寄りとか、
空自制空迷彩よりだったら速攻陥落していたと思うが、踏みとどまり
ました。
最終的に、無難な色にしてしまったけれど、どうなることやら。

P.S.
何処かで見たようなクールグレーカーキ、すごく気になっていたのだ
が、一つ思い出した。

デカールの裏紙(笑)
メーカーによって色味は違うけどね。
あとは183系あずさ色に近いかなと思ったけれど、いざ画像を並べて
みると結構違うかな。ロシアのセルジュコフ迷彩のお腹色とか、WW2
ドイツ空軍機のお腹とか米海軍艦艇の迷彩色とか、いろいろ脳内に浮
かびましたが、あんまり似ていない。結構彩度が高いんですよね。
正直なことを書くと、艶有りのソリッドブルーグレーの質感がまさに
ホーロー製ポットみたいで馴染めなかったというのが最大の残念感だ
ったんで…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世の中は進行中 | トップ | すごい勢いで新型XV納車 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

出雲的ヨタ話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。