P.S.出雲から 八雲立つ空へ-SP(Special Performance)

「八雲立つ空へ ~出雲空港写真ギャラリー~」を陰日向に支える、いわば増加燃料タンクのような存在です?

思ったより早かった

2017-05-13 20:56:56 | 宇宙戦艦ヤマト

オフィシャル版の1/1000アルデバランが、夏にも発売になるそうです。
案外ハイペースでリリースしますね。
見たところ、例のごちゃごちゃレタリングはちゃんと再現されている
ようです。これでアルプスプリンタのお世話にならなくて済みますね。

相変わらずこの字ばっかりモードは好きになれないので、お好みで適
当に間引いてもいいんじゃないかと思います。サンプルを見ても、や
はりパネルラインに全く関係なくレタリングが入ってます。(設定が
そうなので、仕方がありませんが)1/1000モデルは更にパネルライン
が増えているので、カオスなことに…
成型色青で、ストライプはデカールのようですので、アキレスとのコ
ンパチは無理でしょうかね。デカールがおまけで入れば作りたい人が
居そうですけれど、その気はない模様。

以前書いたように、色んな意味でオレ艦になってしまっておりますが、
オフィシャル設定?との違いは以下の通り。
・塗り分け:(多分見栄え重視で)一番艦アンドロメダと塗り分けが
     異なる部分を調整。いや、そもそもエンジンノズルの色が
     違うとか意味がわからないですよ。メインノズルの色分け
     位置をミスったのは情けないが、多分巷のモデルはほとん
     ど間違っているので気にしない。
・レタリングの省略:アドバンス何とかは格好悪いので省略。A02と
     AAA-0002が同居するところも省略。艦尾の地球連邦マーク
     も省略。そうだ、進宙式時という側面図にあるこのマーク
     は、外側にもU.N.C.F COSMO NAVYのレタリングがあるのだ
     が、バッサリ省略。上部の錨マークにCOSMO NAVYと書いて
     あり、どう見ても不要。
     下部タンク側面のレタリング位置を変更。
     ちなみにアンドロメダとアルデバランのレタリング位置、
     結構違うんですよ。要するに練られてないんだよね~。
・ノズル位置:サブノズル位置を好みで後にズラしました。噴射方向
     が多少可動するというイメージです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フレンドシップデー | トップ | 久々の黒馬さん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。