JA7QQQ気ままな絵日記

どこかで聞いたことのあるタイトル。 掲示板感覚で、気軽に書き込んでください。

サボっていた

2017年01月24日 | アマチュア無線


暫くblogの更新をサボってしまいました。
今月もCQ誌に2ページほど書きました、今度は連載です。
ごく普通の事を書きました、「こんな普通の事を書いていいの」と思ったのですが今はこれが必要なのだそうです。
今月はドライバーの選び方と使い方です。



来月号の原稿は明日仕上げたと思います。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CT-73 IAMBIC | トップ | うっかりしていた »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ネジの締め方一つにも.. (Yamada)
2017-01-26 09:28:05
ノウハウがあるわけですが過去に修理でお預かりしたマシンには
『そんなこともわからずに修理しようとしたのか?』
という状態のものも多かったです。
そういう観点では意味のあることなのでしょうね。
たしかに最初からできる人はいない。
しかし、道は遠いと思うのですが..
暗黙の了解が通じないのですねー
Yamadaさん (JA7QQQ/8)
2017-01-26 12:12:29
そうなんですよね、頭の潰れたネジを外すのに今流行りの叩くと10数度回転するドライバーを使用してケースを歪めてしまったりした方もあるようです。
3月号はナット回しを書きました、これもラジペンやプライヤーを使って無理矢理回す人がいるようでメーターケースが割れた何て言う話も聞きます。
紙面ではあまりきつい表現の文章は控えてソフトな表現になっていますので伝わるか一寸心配です(笑)

道具は大事、道具で職人さんの腕が分かる、そんな事もちょっと書いてみました。
タッピング (Yamada)
2017-01-26 14:48:44
記事を読んでないので重複するかもしれませんが
タッピングのネジ穴をバカにしてしまっている方が多いです。
『締める前にいったん逆回し』
を覚えてくれるといいのですがHi
Yamadaさん (JA7QQQ/8)
2017-01-26 16:37:24
それは書きませんでした。
思い起こせばそれを知らなかったためにFL-2100系のシールドボックスの蓋のネジを事ごとくダメにした私でした。
力任せに一気に締めてしまうのでたまったものじゃありません。
ネジ山が合っていないなんて考えもせず、戻して山を合わせるなどとつゆ知らず・・・反省です。
そうです いったん逆回し (JA7RHJ 熊谷)
2017-01-28 15:32:10
いったん逆回しは大事ですね。
書いているかな~? と思って記事を見ましたが
見つけられませんでした。
何回目かで補足できればよさそうですが
機会がないかな?

うちに修理に来たヤツでタッピングをダメにして
木ネジ突っ込んであったのがありましたが…。
JA7RHJさん (JA7QQQ/8)
2017-01-28 19:35:17
そうですね、タッピングネジだけではなくナットでも逆回しは必要ですね。
3月号の原稿はもう出してしまったのですが差し込みが可能なら文章を追加してもらいます。
もし間に合わなければ4月号の原稿に書き込みます。
これ、確かにやっちゃうんですよね、やった後にひと回り大きなネジで達布を切り直し、私も反省です。
JA7RHJさん、Yamadaさん (JA7QQQ/8)
2017-01-29 22:17:23
3月号に間に合いました。
ナットを平行に合わせる所に一緒に追加しました。
授業料 (Yamada)
2017-01-30 08:19:56
再入稿できたようですねFB
こういうことが目に留まる頻度が高まるのはいいことだと思います。
基本、授業料払って(失敗を繰り返し反省しつつ身につけて)覚えることかと思いますが..
なのでblogを書くときにはその辺の『お約束』は端折ります。
Yamadaさん (JA7QQQ/8)
2017-01-30 16:25:05
助言有難うございました、おかげさまで3月号に間に合いました。

授業料は大事です、トホホな授業料は沢山払いました(笑)
でも最近は大変な授業料を払っている方がおいでのようです。
AMの変調率を見ようとしてアンテナ端子にオシロを接続して送信したなんて話もあります。
トランスとメーターを付けたままの水洗いもあるようです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。