JA7QQQ気ままな絵日記

どこかで聞いたことのあるタイトル。 掲示板感覚で、気軽に書き込んでください。

祝優勝

2016年10月29日 | うんちく・小ネタ


日本ハムファイターズ 優勝おめでとう。

あまり野球に興味のなかった私ですが今年の野球は面白かった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変な事が気になった | トップ | うわ、早すぎる。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白くない (ji7dpi@みやこ)
2016-10-30 09:37:08
広島に勝って欲しかったですね。
日ハムは安定しているから来年も良い成績になるのは予想出来ますし。
広島の黒田は現役引退ですから、花道を歩かせたかった。
テレビでは日曜朝の番組で何様のつもりなのか判らないがオレ様張本が
どうせ広島に対してイチャモン付けているのでしょう。
それで余計にイライラしますし。
殺意が出て来ますよ。(笑)
ji7dpiさん (JA7QQQ/8)
2016-10-30 14:18:36
全国の7割はカープを応援していたようですね。
北海道は日本ハムの応援一色です。

張本さんはジャクソンが満塁にした時に黒田に交代するべきだったと言っていました。
黒田に交代したらそのまま代打大谷で勝負だったのではないでしょうか。
私も同感です、どうしてあのまま投げさせたのでしょうね4。

来年はどうでしょう、日ハムですが陽 岱鋼がFAを行使する意向を示しています。

でも見ごたえのある試合が続きましたね、楽しませていただきました。
張本ほど単純に見ていません (JA7RHJ 熊谷)
2016-11-03 11:33:23
試合時間が長かったけれども、面白いシリーズだったと思います。

私はどちらのファンでもなく、どちらも頑張れというスタンスでした。
両球団とも地方都市をフランチャイズにして
バカみたいにカネを注ぎ込まずに良くやっていますよね。

今年の広島は黒田引退への花道という特別な状況がありましたし
日本ハムはミーハーっぽいですけれどもやはり大谷ですかね。
花巻東の佐々木監督とは面識ありませんが佐々木家とはいささか関係があるもので。

ただ、ファンの様子を見ているとかなりの違いがあって
あまりいろいろと書きたくないですが
それが原因で日本ハムへの共感性の方が強くなってしまいました。

ジャクソンの件ですが、張本っていい加減な人なんですね。
黒田は当日ベンチに入っていなかったのだから出せるはずもないのに
全国放送の解説のくせして、そんな前提条件も確かめていないんですかね。
それとも第6戦に黒田をベンチ入りさせなかったのがそもそもの間違いだと?
黒田は万全に調整して臨んだ第3戦ですら体を痛めて途中降板したというのに
前日からベンチ入りして第7戦があったらにまともに投げられる保証がないでしょう。
そんなことだから、張本はどこのチームからも監督・コーチ等のお呼びが
掛からなかったのだろうなと納得させられますわ。

その張本を使い続けるTBSはすっかり承知の上での炎上商法なんでしょうな(笑)

大谷を引込めた件ですが、第4戦で足首を痛め
栗山監督は第6戦には登板させないと事前に明言していたそうですが
中田が四球の後、リードは1点しかないのに大谷を引っ込めても別の代打を出すでもなく
ピッチャーに鍵谷、石井、井口まで注ぎ込んでいるのにバースに打たせたということは
次の第7戦では大谷の足首が本調子でないために好投できない可能性がかなりあって
そうなれば今後のピッチャー繰りが厳しくなることを意識しているため
第6戦ではこれ以上の戦力を注ぎ込むことができないと
白状しているようなものではないかと思いました。

ピッチャーのバースにヒットを打たれたのは大誤算だったでしょうが
緒方監督はそのような日本ハムの状態に思いが至らず、ひねられちゃうなんて…
広島側もそれだけ選手起用に気持ちの余裕がなくなっていたんでしょうかね。
JA7RHJさん (JA7QQQ/8)
2016-11-05 14:11:42
ご指摘の通りですね、中田の後ろに大谷を待機させたのはフェイクだと栗山監督が言っていました。
第7戦で大谷と黒田の投げ合いも見たかったのですが両選手の状態を考えたらこれで良かったのかもしれません。

北海道は日ハム一色です、ラジオの放送は日ハム応援実況ですので素人向けでめちゃくちゃで面白いです。

しかし、近年にない面白いシリーズでした。

コメントを投稿

うんちく・小ネタ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。