JA7NI - AKITA GRABBER

2200m band Grabber for DX

FT4JA 160m

2016-03-30 20:28:59 | 160m
ベットにレシーバーを持ち込み寝ながら待機。
3月31日、03:45JST 1820.5kHzで初のコールが聞こえてきた。
遠来の雷の中、339から559で聞こえるが、当然EUのパイルで応答がない。
05:10JST JAを指定してくれ、レポートを送ったが空電があり、QSO出来たか不明。

05:35JST559で聞こえ、JAのビッグガンがコールしているが、EUだけ。
初日に聞こえたので、安心しましした。

追記:on linelog にJA,なし

追記:K=1,A=10
 4月1日04:18JST 569で聞こえ最初からJAを指定してくれた。
JA猛パイルの中、JA5,4の5局にコールバックあったが北からはかすりもしなかったので、NIの熱烈コールは邪魔にはならなかったと思います。
QSOできたJA4LXYさん他、おめでとうございます。
むこうの受信改善を期待します。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

VK0EK ハード島

2016-03-27 00:57:02 | 160m
深夜1:45JSTにクラスタを見ると1818.5KHzに出ているようでJA2,JA8が呼んでいたが、全く聞こえない。
Newではないので寝、05:10JSTから再ワッチ。
やはり聞こえない。
新たに張った、このインド洋向けのビバレージでFT/J用が聞こえるか不安になった。
このアンテナで、ET7Lは559で聞こえていた。(ヨーロッパ向けビバレージでは569)
インド洋向けアンテナのノイズレベルが低いので直下プリアンプのゲインを6dBほど上げと見よう。

追記:3月29日 05:30JST
    インド洋向けBVでは全く聞こえなかったが、VK向けでやっと339で聞こえた。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

LCRメーター 測定範囲 おお勘違い  を訂正します。

2016-03-11 04:38:42 | 160m
オークションに出ている「LCR-T4」を送料込み即決2,400円で買い、100均で買った木箱にいれて使ってみた。

説明書つきでTR,FETのチェックも出来る。
使い勝手が良い。
Lの抵抗、CのESRも表示される。お買い得ですよ。
ただし、Lの測定値の表示は 0.01mH単位です。



追記;2016/11/17

この画像のLの測定 0.03mHは30μHです。
0μH,10μH,20μH,30μH,40μHの10刻みで測定できます。
自分の使用目的には使えます。 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

アンテナ調整用水晶発信器

2016-03-10 11:52:12 | 160m

160m受信アンテナのFB比の調整をするため、1821kHZの水晶発信機を作りました。
これを離れた場所においてアンテナの位相調整するのです。

2SC1815一石で電池内臓、5mのホイップアンテナを付ければ200m程度は届くので使いよい。
ついでにこの発信器をプリアンプ調整につかうため、ATTもつくりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

C92CC 160m

2016-03-03 20:49:53 | 160m
4日朝 04:30分前からモザンビーク C92CCが339で聞こえQSOしたつもりだったが、クラブログに無かった。
コールバックが確実でなかったのを悔やみ反省して、この日聞こえた低いDPのほかに、受信用の低いHB9CVもどきを張って次に臨んだ。

今朝5日、4時:44分からワッチ開始したが、DXクラスタには出ているが聞こえない。
あきらめた秋田の日の出時間やっと229で聞こえてきたので、確実なコールバックを確認するまでくどくQSOした。
3時間後、クラブログを見るとQSO=2になっていて喜んだ。
HB9CVでは聞こえないで昨日の低いDPできこえたのでした。
この方向にビバレージを張ったことがあるが谷に向かった杉林で結果はNGで、どうもこの方向が弱い、FT/J用に対策をとっておきたい。

追記:
2008年7月にC91XOが出たときの古いログを開いてみた。
JA2,3,4がQSOと書いていて、こちらでは全く聞こえなかった。
2008年3月はJA6WFM/HC5、ZP6CW、TX5C,OA4/N6XQ,5T5DC、W1GH,W1FV,K1GUN,K1LI,K1JO,W1MK,9XφR,とQSOしていた。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加