JA7NI - AKITA GRABBER

2200m band Grabber for DX

S01WS & ZD8W

2015-11-19 21:42:29 | 160m
11月20日 S01WSへ160mのリクエストを出したら、EA2JGから返事が届いた。
向こうは100Wでリニアアンプがほしいと。Hi どなたか送ってください。
06:00JST、1815Khzで時々かすかに聞こえ、オンフレでコールしたが応答はなかった。
06:10JSTにはOK1ATPがQSOして、NIがコールしているとクラスターで伝えてくれた。
耳が良くないようなのでしこたま難しいようだ。



今朝はコンデションが良く、CQ出しEUと599/599でQSO できた。
日が上がった6時40分頃、ZD8Wが569で聞こえUSAとQSOしていた。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スーパーラドアンテナの理論破たん

2015-11-16 20:58:32 | 160m
JA2PGUのブログからコピー

「SRAは磁気系アンテナか」  2015/11/16(月) 午前 11:14

 シリンダ上環状誘導電流が流れるために、SRAは磁気系アンテナと思われた。しかし、シリンダ内側には、近接作用説とdivB=0から磁束が殆ど存在出来ない。となると、シリンダからの輻射に関しては、静磁界が含まれないこととなり、磁気系アンテナとは言い難いものである。そうかと言って水平方向の静電界が存在するわけではなく、シリンダ上誘導電流からの輻射に関しては電界系とも言えない。これからはSRAを磁界系アンテナ、電界系アンテナとは分類しないこにする。

 電力伝送実験をすると、綺麗に受信側ダミーロードには、距離に反例した電圧を検出できることから、かなり特異な気がする。相互インピーダンスも少ないことから八木アンテナのようなパラスチックエレメントとしての動作はSRAでは出来ない。誘導界の電磁界ともに発生していることは、間違いないが、面白いことにSRA同志の電力伝送実験してみると、上記のように距離に反比例した電圧が受信側で観測されてしまう。

 長い間、SRAは磁界系と思っていたが、どうやらそうではないらしい。それまでは磁束がシリンダ内部やディスクタイプであれば、ディスク中央を貫く磁束が存在すると思っていたが、そうはならない。ディスクの上側の磁束を観測すると、殆ど磁束を観測されない。これも近接作用説とdivB=0から当然である。

 SRAの動作は、従来のDPやループアンテナからすると、かなり随分異なった動作をしていることになる。ここら辺の動作解明するために、是非とも正確なシミュレーションをしたいところである。


NIの感想:NIから「ループアンテナで測定すればSRAの偏波がわかる」と言われ、確認したらSRAの従来理論の「二次誘導による、シリンダーからの輻射で水平偏波」
の辻褄合わなくなり、論破され、従来理論を破棄せざるを得なくなったのです。
シリンダーの環状電流まで否定している、それは事実だから否定する必要はないよ。パニックになってる。


事実はシリンダーがあっても只のコイルだから、水平偏波で間違いはないが低効率。(実際はアース、コモンモード電流で垂直偏波になる)

シミュレーションなどできっこない。いつまでも大嘘言っていないで、実物だせば500万円さしあげますよ。
出せなかったら過去のユーザーに対する悪辣な対応を謝罪しなさい。
すべてがインチキ大嘘で出せるわけがない、反省し、謝罪せよJA2PGU。

追記:PGUが行った2mでの伝送実験で距離に反比例はインチキ実験である。
   特許庁の特許却下理由(距離2mでは磁気共振である)、静岡大学論文(磁気共振は3乗で減衰)であきらかである。
  なんぼ嘘の屁理屈たれても実物ないんだから、書けば書く程嘘の羅列で、恥の上塗りしているだけ。
 シリンダー有無でたった10dBの差のある実物出せよ、馬鹿もん。  PGUは50dBも差があると言ってたな。




JA2PGUのブログ:PGUの反論
勘違いの多い海の向こう側
2015/11/17(火) 午後 6:34


 海の向こうにも何故か勘違いの多い事柄に、高電圧から放射界が輻射されるというものがある。この勘違いは、なかなか根が深いようだ。何故、このような勘違いをしてしまうのだろうか。こういう勘違いする人物に限って、マックスウェルの方程式を引き合いにだすのも特徴的であることが分かった。

 多分だが、マックスウェルが変位電流というものを導入し電磁波(放射界)の存在を予言したことを曲解してしまったからだろう。つまりプラスマイナスの電極間に交流高電圧が発生しているなら、当然変位電流も想定出来るので放射界が発生するに違いないというわけであろう。ついでに輻射抵抗というものが、空間に存在するとしてしまうのである。ということは、電磁波はアンテナエレメントから輻射されるのではなく、空間から輻射されることになってしまう。もしそうだとすると、アンテナエレメントには電力を供給されてはならないことになってしまう。ということは、モーメント法等の解析手段が取れなくなってしまうだろう。色々な点で矛盾してしまう。この勘違いを頑固に主張したい人は、じっくりとマックスウェルの方程式から導出される波動方程式を、よくよく眺めるべきである。それでも分からない人は、もう一度基礎数学と基礎物理学から勉強すべきである。

 高電圧による電界は、前にも述べたようにスカラーポテンシャルで表現されるので、放射界にはなり得ない。ベクトルポテンシャルとの関係がローレンツの条件で示されているので、まるで放射界とは無関係というわけではないが、あくまでも放射界が導出されるのはベクトルポテンシャルからである。ベクトルポテンシャルは、とりも直さず電流というものが起源である。

 この由々しき勘違いが、何故誠しやかに広まってしまったのだろうか。電界と言えば、電位差というものがあり、その勾配だからという考えから、高電圧が生じておれば、当然電界もあるので、理に適っているように思えるのではないか。

 一方、アンテナエレメントの長手方向の電界はゼロとなってしまうので、直感的に放射界の電界が生じているとは、考えにくいのだろう。正に、ここの部分が理解されているかどうかが、アンテナ理解の決め手の一つである。しかし、これを理解することは、どうやら極一般のアマチュアには相当ハードルが高い問題であるようだ。

 それにしても、この勘違いをしているかぎり、アンテナについて真ともに論ずることは不可能であり、どんなに誠しやかなこと言ってみたところで、まるで信用出来るものではない。こういう勘違いが海外にも驚くほど多い。この勘違いに根差した理屈を堂々と公にしているのが現実であり、彼等を説得するのは難しそうである

NIの感想:以上はNIが「親父の拳骨」にコメントした事に関する反論です。
     放射抵抗が空間に存在しないで、SRAの表面に存在するという珍説。
http://blogs.yahoo.co.jp/piisuke55/34842011.html#36285678
      
PGUの論:>>ベクトルポテンシャルは、とりも直さず電流というものが起源である。
 NIの回答:SRAの同軸放射の時、同軸に流れるのがその電流です。アンテナ電流と言う。
ところで、PGUは何いいたいの?シリンダーでゲインのあるアンテナ無いのに、馬鹿もん。
PGUの論:>>SRAの動作は、従来のDPやループアンテナからすると、かなり随分異なった動作をしていることになる。
 NIの回答:シリンダー有っても無くてもおんなじだった。理論破たん。
元が嘘だから、なにを言っても辻褄が合わなくなってしまう。

追記;2016/12/18 以下はJA2PGUのブログのコピーです。

今年を振り返る(JA2PGU)
2015/12/13(日) 午前 11:23
 最近、SRA否定論者達は実は気の毒な犠牲者ではないかと思えてきた。被害者ではなく犠牲者である。更に私から見ると、加害者であり犠牲者と言ったところである。彼等は、あまりにも軽率にSRAを否定論というよりは誹謗中傷してしまった。時には、幼稚極まりない恥知らずな恫喝までしてきた。やはり大人の世界、これでは有形無形の形で彼等を追い詰めているようにも思える。小型アンテナであるから、飛ぶはずがないとばかりに、恰好の攻撃標的となってしまったのだろう。我こそは、悪人である私を退治してやるとばかりに攻撃してきたのであるが、思うように行かなかったという訳である。しかし、SRAが駄目アンテナかどうかとは本質的に無関係な問題である。もっと広い意味で日本のアマ無線界の問題がそこにはある。一つは、彼等には、あまりにもモラルが無いという点。もう一つは、知識が貧弱すぎる点である。
 アンテナを論評するには、あまりにも知識不足であったことを晒してしまった。しかも論理性もない。これでは真面な否定論なんぞ期待すべくもない。改めて彼等の書いた物読むと、明らかに知識不足であるために、どのように論じたら良いか分からず、場当たり的にして浅薄極まりない言い掛かりを言っているにすぎないと思える。如何に知識不足であることを具体的に言うと、「共振型アンテナから輻射される電磁界の位相差は90゜」というもの。「DPの中央からは、磁界は発生するが電界は発生しない。」「ループアンテナからは電界は発生しない。」というもの等が代表的誤謬である。これらには驚いてしまった。このような勘違い、いや明らかに勉強不足であることを見ると哀れにさえ思えてきてしまう。電磁気学の一体どこを、どのように解釈したら、そういう結論になるのか。知識不足のために、まともな議論にならず、恥を散々晒すことになってしまった。
 近頃、CQ誌にSRAのことが、一言も取り上げられなくなり、良いことだと思っている。言うまでもなく、散々間違った論評をされてきたからである。SRAについては、情報収集不足にして、軽率にちょっかい出してしまったという感じである。その後、アンテナに関する基礎的事項についても、一部SRAに絡めた解説がされたが、全く酷いものである。CQ誌もCQ誌である。あのような一連の記事に対して、一切反論をさせなかったのであるから、もはや科学誌とは言えない。
 逆に、今までのアマチュア向けアンテナ本はどんな程度だったのかに、興味を持った。全部が全部の著書を漁ってみたわけではないが、基本的事項となると間違いが多いものである。そうしたことが、間違いが一般のアマチュアに広まってしまった一因であろう。罪深きことである。確かに、アマチュアに分かるように基礎的事項を解説するとなると、これは難しいのは分かるが、解説者自身が理解していないのだから、どうしようもない。
 これ即ち、日本のアマ無線界のレベルそのものではなかろうか。つまりアンテナに関する理解がちっとも進まないでいるのである。昔の本も、今の本もアマチュア向けに関するかぎり、殆ど本質は変わっていない。と思いきや、海外でもかなりいい加減な知識が広まっているようである。まだ日本の方がましなのかも知れない。どうして、こんなことになってしまったのだろうか。
 電磁気学の敷居の高さの問題もあるが、解説者はそれを分かり易く正確に表現しなければならないのだが、数式の理解が十分でないことが原因で、解説がいい加減になってしまっている。数式という奴は大抵の人にとって面倒なものである。これ嫌う人も多いが、残念なことに特に電磁気学に関しては、逃れることは出来ない代物であろう。よってアンテナ理解には不可欠である。
 数式をあまり使わずに解説するのは至難の技かも知れないが、本当に理解しているなら、100%は不可能としても納得出来るところまでなら可能な気がする。寧ろ、数式というものは、理解してしまったような錯覚をさせてしまうような面もある。よくよく数式の意味を読み取らなければならない。マックスウェルの方程式が良い例である。マックスウェル、マックスウェルと言うけれど、果たしてどれだけの解説者がどれ程深く理解しているのだろうか。
 SRAを通して、否定論や攻撃に散々接している内に、日本には上記のような深刻な問題があることが分かった。日本だけではなく、海外も相当酷い。今は、シミユレーションが発達してきて、誰でも既成のソフトを使うことが出来るようになってきた。しかし、電磁気学の基礎的知識も無しに、これを使いまくり結論を出してしまうのは、時には危険である。ソフト開発者もそのように警告している。今後、どのように古い歴史ある電磁気学というものを、アマチュアに分かるように正確に解説出来るかが重要な気がする。とは言え、電磁気学を100%理解するなどということは、殆ど不可能に近い話で、専門家でさえそこまでの自信はないのが普通であろう。今のところ、少なくとも受け入れられている基本事項について、分かるように解説されることが第一歩であろう。それさえも満足とは程遠い状態である。
 
NIの感想:
具体性の無いざれ言、大嘘の年末まとめの記事ですが、1016年にはかけなくなるでしょう。
PGUに逃げ回られ、悪質アンテナ販売者退治に4年もかかった。
公開実験に応じていれば1日で退治できた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ZD8W  160m

2015-11-15 21:25:34 | 160m
11月16日06時からZD8Wを待ち受け受信、1823.5KHZでLY7MがCQを出してJAとQSOしていて気が気でない。
06;20分にLYの合間にZD8Wがかすかに聞こえてきた。(539ぐらい)
Up1でコール、コールバックがあり、21:21JST559送り、QSOできました。
直後、クラスターにもアップされJAのパイルとなった。

けさはK=1,A-10
ZD8WはWW-CWコンテストにもでるので、まだまだチャンスがあります。
今朝は秋田の日の出時間ピークでしたが、もっともっと早い時間にもチャンスがあると思います。
コンテストで呼んでみます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

S01WS  160m

2015-11-09 00:40:30 | 160m
 今朝3時に起きたら、S01WSがDXクラスターにアップされていた。K=3、A=42
 1811kHzオンフレでヨーロッパとQSO中で、ヨーロッパは良く聞こえるがご本尊は聞こえなかった。
 JA1BKさんが(24/OCT QSO)Logに載っておりました。
 
 BKさんの多額寄付に感謝したチームが特別にスケジュールを組んでQSOにいどんだようです。
 両方聞こえていてのQSOなら文句ありません。
 
 明日以降も出てくれれば期待できます。


追記:過去にJA1の二人がネットを利用して、外国から電波を発射して珍局とQSOしたのをこの耳で聞いたことがある。
   これはダメですよ。まさかOMがこんな事しないでしょうから、誰かが、他人のコールでやっちまったと、善意に解釈しています。



コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

今朝の160m

2015-11-02 22:07:46 | 160m
K=3,A=10であったが、
05;55-06;20JST G3RAU,YL3FT,SM4DHF,OH1ND,OE3XMAが聞こえていた。
これからが楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加