JA7NI - AKITA GRABBER

2200m band Grabber for DX

スーパーラドアンテナ、二つの共振周波数  

2015-10-31 08:44:39 | 160m
http://blog.zaq.ne.jp/JH1DTX/
JH1DTXさんのSRAブログは、嘘の発表しないので、結論は「とほほ、とほほ」で終わっている

スーパーラドアンテナの発明者と幹部信者はシリンダー又は円盤からの二次誘導で放射すると指導している。
となれば、コイルの両端に給電した時の共振周波数がラド流の理想の共振周波数f1だ。

実際は、コイルの高圧側をa、アース側をbとすると、a側に銅管または銅板に接続して、a,b間は浮遊容量を介して共振させている。
その時の共振周波数はf2である。

どうやらJH1DTXさんは今回の実験でf1より、f2が強いことに気がついたようで、馬鹿な発明者・信者と違うところだ。

f2はシリンダー又は円盤と同軸又はアース間の共振周波数なのである。(モノポール又はダイポールの動作)

f1に共振させると放射は弱く、f2に共振した時が同軸放射で前者より放射が強いのである。
と言ってもフルサイズアンテナより10dB以上弱いのが真実である。

シリンダー、または円盤に二次誘導電流を効率よく流すのが目的なら、浮遊容量を介する必要はないのだ。
浮遊容量はモノポール動作を期待したものだ。
モノポールにしないなら、アース無しでアンテナ直下にコモンモードフイルターを入れねばならない。

JH1DTXさんがJF4さんのように、シリンダーまたは円盤有無の真実の発表をしてくれることを期待している。
PGU.JYCの言ってることは、全て大嘘であることを、早くわかってほしいものです。
JA1JYCさんのSRABを見せてもらったらいかが?『都合悪い』と断ると思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NIの老人会活動

2015-10-31 08:07:45 | 160m

左端がNI  どれが自分かわからなかったが、持っているザルでわかった。



踊りは覚えきれず、てんでばらばら、今日はこれの反省会で楽しく飲んできました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

160m外国からの侵入電波

2015-10-26 22:02:45 | 160m

1800KHzあたりに0.9KHz毎に「ピーッピーッピーッ」の妨害電波が常時でている。1820KHzでも聞こえる。
方向は西だから、多分中国からだろう。
三浦監視所へ報告しておきました。対処よろしくお願いします。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ごぼう堀り

2015-10-25 05:11:20 | 160m
家内が膝の半月板損傷し、畑仕事ができなくなり、NIがごぼう堀りをするはめになった。


いい加減な農作業する息子に母はごぼう掘りをさせたことは無く、初めてのごぼう掘りだ。
、ごぼうを傷めないで掘るのは大変な仕事だと思い知った。更に難しい長芋は掘るのを諦めた。明日はゴルフなので、腰を傷めないように途中リタイヤ。

その時のNIの作業姿。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電信電話記念日

2015-10-23 07:53:16 | 160m
10月23日は電信電話記念日である。
今日は思いがけない方に会うことができ、嬉しい出来事があった。
JA7AO松本OMが生前書いてくれた「筏に乗った少年」中に、秋田電話局のアンテナ鉄塔から160mの電波を出した事が書いてあります。
http://park1.wakwak.com/~ja7ao/history/igai05.htm

当時、鉄塔にアンテナを上げる許可を出してくれたのが貝沼秋田電話局長でしたが、あれから40年経ち、貝沼さんの次男の方が秋田電話局の幹部として勤務されていて、今日の記念日でお会いできたのです。
息子さんと杯を交わし、貝沼局長は無線に通じ、理解ある方だったことを知りました。
当時NIは係長程度の立場だったのに心良く許可してくれた意味を知りました。
今日はうれしい一日でした。
 
追記;最近「NTTフレッツ光の利用が千円程度安くなる」との電話勧誘が多くインチキと思い、腹立たしく適当にあしらっていました。
今日局長の挨拶の中で、NTTフレッツ光が千円安く利用できる方法を外部委託していることを初めて知りました。
それなら、もっと早く利用者とOBに知らせるべきだったと思い、別の幹部の方に意見を伝えておきました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加