JA7NI - AKITA GRABBER

2200m band Grabber for DX

ゴルフコンペ

2015-08-31 10:10:35 | 160m
今日は町内にある、羽後信用金庫のゴルフコンペがあった。
毎月1万円貯金が会員資格である。
8月は暑いので、いろんなゴルフコンペも月末に集中し、このところ毎日のようにあった。

今日は91も叩いたので入賞なんて、思いもしなかったが、結果はご覧のとおりで、ハンデ17を貰い、入会以来の初優勝になった。
NIが優勝なんて、誰も予想しないから、NIの馬券を買ったのはNI本人一人だけ。
結果、1万4千円もの馬券の当たり金を稼いだので、懇親会でみんなに振る舞い大喜びされました。
飛距離が落ち、ゴルフやめようと思ってましたが、思い直して続ける気になった今日でした。
ちなみにNIがダントツ74歳、最高齢。
10月2日の岩手での全国DXerとのゴルフが楽しみです。

追記:成績表は削除しました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

受信所パトロール

2015-08-16 05:55:31 | 160m
お盆明けたので受信所の点検にいった。
上の写真は受信所から山の峰めざして斜面を這い登る途中のケーブルの束です。
たぬきに噛まれたりして、使っているのは半分です。

山の峰にはビバレージ切替スイッチとATV送信機用のBOXをを置いています。
作業中、蚊やブヨが寄ってくるので上着が必要でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電波の質調査

2015-08-15 07:47:19 | 160m
友人から160mのサイドが広いというレポートをもらっているので送信機を替え、現状を調べてみた。

波形観測用受信機:SDR受信機ANAN-10
波形観測用受信アンテナ:ダミー抵抗(シールドなし) 送信アンテナ直下の室内に設置。
送信機:IC-7851とアンプ
送信アンテナ:フルサイズデルタループ
送信機出力にダミー抵抗で観測しない理由はエキサイターとアンプが30m離れているので、回り込みの影響と環境の影響も確認するためです。


写真ー1 上:IC-7851 100W アンプなし。       信号のピーク-79dBm
写真ー2  :IC-7851約30W+4CX球のアンプ1KW出力  信号のピーク-69dBm


上の写真はANAN-10の無信号時のノイズレベルです。




受信機の外来ノイズで見にくかったので測定し直しました。
受信スパーンを4倍に広げ、受信レベルもダミー抵抗に短い線をつないで30dBほど強く受かるようにしました。
上が100Wアンプなし。
下がアンプ付き1KWの受信波形です。
IC-7851のカタログ性能を信じて、電波の質は満足したものとし、アンプ有無の差が10dBに見えるので、
質は良しとします。
・この2枚から判ることは受信側でスコープ画面で複数局の波形を比較するときはレベルを同じにして比較しなければいけないということです。
10dB強い局は波形の幅が2倍に見えてしまいます。

追記2015/8/16
ANAN-10で測定を止め、スペアナでダミー抵抗にリード線を付けて受信してみました。 1.8MHz CW
スペアナ:TAKEDA TR4132



上の写真がIC-7851出力100Wアンプなし。
下の写真がIC-7851出力30W+アンプ出力1KW
これだけ見るときれいなもんですが、(キークリックは未調査)
思うに、もっとダミー抵抗のリード線を長くしてスペアナの入力電界強度を上げる必要があります。


感知用のダミー抵抗のリード線を長くしてスペアナの入力電界強度を上げました。
上が100W
下が1KW
 右の小さなノイズは外来ノイズです。
ANAN-10で観測したときと違い、スペアナでの観測では10dB信号が強くなっても、電波の幅が2倍にはなっていません。
 
エキサイターIC-7851+1KWでは問題なさそうです。『サイドが広い』とレポートもらった時の設備
と変わっていますが、友達に受信比較してもらいます。

ちなみにFT-9000MPにしてスペアナ比較しましたが、IC-7851と同じでした。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

小玉スイカ

2015-08-11 02:14:13 | 160m

カラス避けネットで囲っています。
わずか3本だけの栽培ですが、真夏日が続き甘いスイカが収穫できています。

追記:8月17日
スイカが網を伝い登り、ぶら下がりスイカ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特許審査書類情報照会 スーパーラドアンテナ SRA

2015-08-10 10:16:15 | 160m
2015年5月からシステム変更になっていた。
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

特許出願番号がわかっている場合の手順

①上記httpを開いて、
②電球マークにカーソルを持っていくと検索項目が出てきます。
③この中の「10.審査書類情報照会」の項目をクリックする。
④番号を入れ、クリック。
   --表示される---
「実際の利用法」
例えば、JA2PGUはNIの法的措置予告を恐れ、2015年2月でアマチュア向けのSRA販売をやめたが、
今でもスーパーラドアンテナ「特許出願中」と彼の会社HPで宣伝しています。

 http://www.katch.ne.jp/~tosako/docs/superrad.html
 出願番号:  2013-200767
販売品と特許申請中の内容が別物なら特許商法詐欺行為である。
出願内容を調査した。

調査ー1   出願番号 2006-238268  JA2PGUのスーパーラド「短縮アンテナ」拒絶された書類の審査情報が全部みえた。
                    希望の羅列でデーターに信頼性が全くないと却下。
調査ー2   出願番号 2006-197448  「正帰還による利得増大アンテナ」 審査請求しないので、期限切れ却下。
                    正帰還でゲイン20dBのお笑いアンテナ
調査ー3   出願番号 2006-336358  「短縮アンテナ」補正期限切れ却下
調査ー4   出願番号 2013-200767  「指向性を持たせた誘導二次輻射型アンテナ」 審査請求なし。
内容が販売品と別物で、2年もほっといて今だに審査請求できないで「特許出願中」とはおこがましい。 悪徳特許商法だ。
発明者;尾硲照明
申請者;尾硲照明+中村勝
内容はデスク型4連SRAでオーイ中村君(JYC)のブログで見た大嘘ビームアンテナあった。


{指向性SRAの特許申請内容}
この構成で得られる指向性による前後比は15dBから20dB程度である。並べるアンテナ数を増やすことにより、より強い指向性を持たせる得ることが確認されている。
【産業上の利用可能性】
指向性を持たせたアンテナは、大きさが波長に比例するために、低い周波数での実現は非常に大型化しやすいために困難な場合が多い。本発明によるアンテナでは完全に波長に比例するとは言えず、誘導二次輻射型アンテナが並べられるだけのスペースがあればよく、非常に小型化された指向性を持ったアンテナを提供出来る。このような指向性を要求される場合は多数ある。例えばある特定の位置に存在する通信相手に対しては、その方向にのみ電磁波輻射されればよいのであるから、本考案によるアンテナは有用である。また、周波数が低い場合には、指向性を持たせたくても実現不可能な場合も多いものである。このような用途にも非常に有用である。
 


審査官から、LF・MFでのデーター提出を求められたが、オーイ中村君の実験が大嘘なので、すごすご帰ってきたのだろう。

3.5MHz以下の周波数でF/B比が15dBも有ったらとっくに審査請求しているはず。
2度あることは3度ある、期限切れまで、「特許出願中」と掲示しておくつもりだろう。
シリンダー型のSRAの販売広告に「特許出願中」と宣伝して、出願は全く関係のないデスクタイプの指向性型の、
大嘘アンテナで、審査請求できる見込み少しもない。特許悪徳商法だ。
反論は審査請求後か、実物見せてからにしなさい。 

以下はオーイ中村氏のビームSRAのブログです。今だにこんな子供じみた実験段階で、全部嘘だから特許申請できるものではないのです。
http://blog.zaq.ne.jp/ja1jyc/category/6/

単体でもロス抵抗が50ΩもあるインチキSRAを縦列接続し給電したら、4コ直列加算でロス抵抗が200Ωもあるので、アンテナと言えない低ゲインな代物になるよ。
この事実だけで、完全にインチキと否定できる。
更に、4連の電流、電圧の分布と同調周波数ぐらい確認しなさい。これでは電圧最大点が1箇所だけでしょ。
1個づつ使用周波数に同調させたら、全体の同調周波数は全く使い物にならない周波数に下がり、無知アンテナです。
特許庁の審査官はSRAの大嘘を百も承知だから、絶対騙されない。

ビームは同軸長さと方向などで、ビーム10dBぐらいは既知の事象でまぐれで出ることは否定しないが、ゲイン極微小でビームもわずかなアンテナだ。

オーイ君はSRAの出来の良い/悪いの理由がわからなようだが、同軸・アース電流をクランプ電流計で測ればわかるよ。
出来の良いと感じたのは同軸にコモンモード電流が多い時です。

大嘘でなければ、長波・中波で使える大発明でノーベル賞だが、オーイ中村君は『135KHzで飛んだ』と大嘘の過去がある「狼老人」である。
UFOや科学でありえない事象が見えると本人が書いている。
虚言常習者オーイのビーム実験を真に受け、実物確認しないままPGUは特許出願してしまった。哀れ。
それとも、会社維持のため「特許申請中」の肩書き欲しさで、嘘を承知の時間稼ぎで申請したのだろうか?本人から反論聞きたい。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加