JA7NI - AKITA GRABBER

2200m band Grabber for DX

DXer懇親会

2014-10-30 03:29:50 | 160m
明日は仙台でゴルフ大好きDXerの集まりがある。
女子プロの大会のあるすばらしいコースでゴルフは勿論、秋保温泉一泊も楽しみであり、家内もついていく。

来週は横手の温泉「さくら荘」で秋田DXクラブの宿泊懇親会もあるので、柿をもぎ、焼酎で甘くする仕込みをしました。
2200mの長波で育てた柿は「うまい・たいしたことない」は別として、体とDXに効くのは確かと思うので、両方の会合へ持っていくことにしました。
飛行機や新幹線でこられる方への土産には重いので懇親会で長波柿を試食してもらいます。車の方には土産に持って行ってもらいたい。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

晩秋

2014-10-26 03:24:51 | 160m
去年も干し柿作りましたが、何百も作って食べたのは数個、長期間放置してカビらかしたので、今年は多く作らないことにした。

AGLさんからアドバイスを受け、風通しの良い場所に単管パイプで干場を作りました。
更に熱湯消毒してから干し、対策上々。
夜はシートで囲い、もう少ししたら、ネットを張って鳥の侵入を阻みます。
ここら辺、柿の木はどこの家にもあり、NI家にも5本有るので、なり過ぎてこまります。
庄内柿(平核無し)渋柿ですが、誰か持って行ってください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自作アンプ

2014-10-20 23:59:26 | 160m

1500pFのバキュウムコンデンサーを使いたくて、昔の自作アンプを小屋から持ち出しケースから外した。

160m専用 3CX2500-A1 、GGアンプに使えない球なので、AB1級で中和も必要だった。
電源トランスは柱上用トランスを使った。

ソケット、チムニーも手作りでした。
35年前の作なので、マイナスネジも使っていた。
バキュウムコンデンサーが黒く汚れていたので、重曹水に漬け込んだが、どうなるかな?

重曹が足りなかったようです。


裏を見たいとのコメントありましたので、恥ずかしながらおみせします。
グリッド同調回路と自作のヒーター用のソケット。
ラックに載せた、シャーシーの下側に手を伸ばしてバキュウムコンの軸を指で回してました。
160m専用だから、一度調整すれば、調整する必要もなかったけど。
仕事が雑で、下手くそなのは自認していました。

空冷ブロアはどうしたかって?
お菓子の空き缶利用してたので、缶の蓋に穴をあけ、ブロアと缶の間はホース1mぐらいでつないでました。
蓋の固定はセロテープで、空気は絶対もれなかったよ。
ブロアーも小さいのしか無くて、球がGHタッチしてしまい、座布団に球を落下させて急場しのぎしてたものです。
整流ダイオードは10Dー10を十数個直列なので、しょっちゅう故障してました。

柱上トランスはオイル入りで、それに手を突っ込んで、6000Vを2800V以下につなぎ替えていました。
もしかしてPCB入りだったりして?

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

千葉県コンテスト 136khz

2014-10-20 00:18:21 | 136Khz
10月19日(日)12時~18時開催  136KHzで惟一のコンテストに1時間ほど参加しました。
JA1NQI 569で受信
JA1CGM589/579でQSO
今回はこの2局しか受信できず、2人がQSOしている相手の局は聞こえなかった。

NIの送信設備:TX2000A 50W  アンテナ抵抗11オーム
        (コイル抵抗3Ω+(アース抵抗+輻射抵抗+アンテナ線の抵抗+環境損)8Ω=11Ω)
         輻射抵抗は0.2Ω程度です。
        
   受信設備:IC-7800遠隔受信 ビバレージアンテナ300m


       ・ 長波では測定されるアンテナ抵抗はロス抵抗で輻射抵抗は微小で、無視できます。
        もし、136KHzで1/4波長の550mの垂直アンテナを上げ、
        アース抵抗5オームなら輻射(放射)抵抗30Ω程度になりますが、
        アマチュアには不可能なことで、輻射抵抗0.1Ωなら上等のアンテナです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャンク集めー2

2014-10-16 03:36:41 | 160m
400KHz500W高周波電源を送料等込み14K円、ヤフーで落札した。


来年許可される472KHZへの改造は簡単だがパワーが大きすぎるので、アンプ部は半分使用で十分だろう。

電源部もこのまま使えるが、信号発生部とCONT部は外します。 しかし重量35Kgを狭いシャックに置くには支障あり、離れた小屋に置くことになるでしょう。

追記:
回路の確認したところ、電源が三相200Vとわかりました。トランスレス方式で、いきなり三相整流して終段石に電圧を掛けており、入出力コイルを用いて高周波部分は接地されていた。
他にも472KHz用の送信機があるので、これの改造は三相インバーターがジャンクで手に入ってからの楽しみにしておきます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加