JA7NI - AKITA GRABBER

2200m band Grabber for DX

地面アンテナ   

2014-04-12 01:20:16 | 160m
今でもWeb検索すれば「地面アンテナ」について数件のレポート見られます。
大勢による大掛かりな実験には敬意を表していましたが、
実験記事を見た時、地面ではなく、ワイヤーがアンテナになっていると感じ、その時点で私の意見を伝えておきました。

その後、地面アンテナの話題がなくなったことを思うと、結果は私やJH1さんの考えどおりでワイヤーと大地利用のアンテナだったのでしょう。
ワイヤーの地上高さを変えて比較すればわかることです。
ちなみに、136KHZでのDX世界記録の受信アンテナはBOG(ビバレージオンザグランド)です。 アースの悪い地盤に適し、地面に置いた受信アンテナでも長さがあれば使い物になるのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HC2AO 160m

2014-04-10 03:41:40 | 160m
4月9日20:00JST 酒田の友達がHC2AOをDXクラスタにスポットしてくれた。
北米向けのビバレージでは聞こえない、低いDPアンテナが160m間隔で二本あるので切り換えてみた。
北側のDPだけで559で安定に聞こえ、他のアンテナではかすりもしなかった。
酒田の友達にビバレージの入感方角を聞いたら北東だと言う。
北側DPの北側には雄物川があるので、水面反射が良かったのか?
DPは打ち上げ角が高いので太平洋からの受信に向いているのか?
理由は判らないが、似たような受信アンテナでも、方角、角度により違いが大きいようだ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

IC-7800とドコモWiFiの設定 経験者求む  

2014-04-08 00:15:54 | 160m
無人局にIC-7800を置き、自宅から遠隔制御するため、アイコムからRS-BA1
ソフトを購入、無人局側のインターネット用にドコモのWiFi(L-02F)を購入しました。
自宅でのIC-7800とコントロール側のパソコン(win-8)を置いてのコントロールはOKでしたが、
ドコモWiFiを使ってIC-7800との接続は設定方法がわからないので困っています。
何方か経験した方がおられましたらアドバイスお願いします。
                            (jarl.com可)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

CQ誌4月号 アクティブ・アンテナの記事

2014-04-06 00:55:15 | 160m

JA5FPさんの「アクティブ・アンテナが面白い」(P106-109)記事の中でNIの思いと違うのが二箇所あった。
①CQの記述では「Mini Whipでは接地への帰路がないZeppアンテナの変身」
と説明されていますが、プローブによる「点」での受信ではなく、プローブと大地間の電位差の検出で、私は同軸ケーブル外皮が帰路と思っています。

②(136KHZの1万Kmの伝播は)空間波伝播で途中で徐々に伝播方向が地球に向かう方向に曲げられると説明されていますが、1万Km伝播は現実的に夜間の電離層伝播しか有り得ない思っています。
Mini Whipの実力は確かで、私が長波で交信したヨーロッパとの交信相手はこの小さなアンテナであり、すばらしい受信アンテナであることは間違いのない事実です。
JA5FPさんと同じことを言ってかも知れないので、喧嘩吹っかけているつもりはありません。

追記:JA1BVA斉藤さんの実験をごらんください、明快です。
http://blogs.yahoo.co.jp/nikecyan/12754950.html
電池と受信機を空中に上げてアースなしで実験してもわかります。。
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

IC-7800 遠隔制御  

2014-04-02 08:52:44 | 160m
山の受信所の遠隔制御はATVとUHFのピポパで行なっていたが、IC-7800
がバージョンアップされ、遠隔制御できるようになったので、導入してみた。
無人の受信所側でパソコンを使わない方式なので、安定に使えるようです。
受信所側の回線はドコモののWiFiです。


AGL,CSSさんの応援で一日で使えるようになり、しばらくは自宅にセット
して操作修練です。
購入したRS-BA1のソフトはVer1.2でしたが、IC-7800(Ver3.00)に対応するにはVer1.6を
ダウンロードする必要がありました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加