JA7NI - AKITA GRABBER

2200m band Grabber for DX

SRAの直接給電. トランス整合方法 

2012-04-22 16:12:53 | インポート
SRAをインピーダンスメーターで測定するとR部の山が放射抵抗ではなく、コイル損失らしい。
ならば、R部の山など気にしなくても良い。
しかも、リンクコイルの調整が難しく難儀している。
それなら、2200mで使い慣れているこの方法ならどうだろう。
コモンモード電流が少ないので、飛びは悪くなるかも。
ちなみに自作160mラドではトランスを入れないで
”シリンダー有りで94Ω ”シリンダーなしで75オームであった。
(逆の間違いでありません)
抵抗の中身はコイルのロス抵抗99%、放射抵抗1%であろう。

トランスにタップを付けておけば、50Ωに整合は超簡単。
この回路はコイルとシリンダーが一体のLで、Cとの直列共振回路である。
私はリンク結合と等価と思う。
ラド愛好者がラドが並列共振回路と思っていたのが実は直列共振回路であったかも知れないが
、判断は識者に任せよう。
識者の判断は、Webで検索すれば見つけることができます。 


追記(2014/9/26):リンクコイル式と直接給電のゲインは全く同じでした。
ここに書いてから2年、ラドファンがSRAダイレクトマッチと称して「すばらしい」とか言って実験していました。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

求む!160mSRAでコモンモード電流ゼロ 

2012-04-21 18:33:05 | インポート
友好的にご訪問いたしますので、そのような例がありましたら、お知らせください。

秋田に持ち込んでいただいても結構です。
飛行機代と宿泊はこちら持ちで温泉に宿泊できます。一人で心細い
のなら何人分でも負担します。
”ラド理論ではゼロに出来るはずですが、50wで5mAなら許容します。

追記:4月22日
ラドの社長すら手を上げませんでした。160mでコモンモードゼロは不可能と判断しました。
追記:4月24日
つまり販売された160mラドは同軸ケーブルとアース線からの放射が主でシリンダーからの放射
ゲインはわずか-28dB/d以下の悪質なアンテナでした。
すぐに広告を訂正して購入者に陳謝すべきでしょう。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

電池駆動の結果  スーパーラドアンテナ 160m

2012-04-20 18:25:19 | インポート




今回は乾電池なので、FT817の出力を0.5Wにしたので、比較はパワー換算+10dB加えています。

”縦置き
垂直設置の場合=基準アンテナより40dB弱い。 つまり同軸とアースありの場合より20dB downです。

”横置き
水平設置の場合=基準アンテナより30dB弱い。 つまり同軸とアースありの場合より10dB downでした。
”残念ながら、メーカー説明書では屋外での水平設置は禁止です。

高さは15mで測定しましたが、写真のように18mにしても変わりなしでした。

ラドの商品広告には「特許出願中」、「DXに強いアンテナ」とありますが、明らかに誇大広告なので「160mは除く」と注が必要のようです。
ラド商品を購入しての、ユーザーテストを終了します。
広告を変えるか、性能を明示して、良品だけ販売するようにメーカーの善処を期待しております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ電池駆動で 商品テスト

2012-04-20 18:01:19 | インポート

FT-817と電池(単1×8)を吊り上げて同軸、アースなしの送信テストを行った。
送信出力 0.5W
受信:1.2Km離れた山の受信所(前回と同じ設備)
写真のFT-817の下の細いコ-ドはKeyコード
目的:ラドの輻射の多くが同軸ケーブルとアース線からのコモンモード電流による事を証明する。
   EHアンテナの嘘を証明した、アメリカ N1GXの大草原での実験を真似たのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

送信比較 スーパーラドアンテナ 160m

2012-04-19 18:08:52 | インポート

自宅からデルタループとラドで交互に送信して1.2Km離れたビバレージで受信比較した。
ビバレージは平地より80m高い里山の峰に張っていて、
受信機のSメータをテレビカメラで写し2.4GのATVで送信、自宅でモニターできる。
今回はSメーター部分を拡大してカメラに写すようにしたが、解像度が悪くてSメータ
を見るため、四度も山へ行った。

ラドの設置高さ等:15m垂直設置 53m8D2W で接続、メーカー推奨どうりラドのアース端子
からタワーの根元にアース線接続。

送信比較結果:商品のラドアンテナは基準アンテナのデルタループより 20dB弱い。

写真はラドから5Wで送信した時のモニター画面、9+30dBしか振れません。
デルタループからの送信では9+50dB振れます。
受信機はIC7800、S/Gで校正したので Sメーターは正確。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加