JA7NI - AKITA GRABBER

2200m band Grabber for DX

TN2T 160m

2012-01-24 06:59:06 | インポート
24日6時39分起床してDXクラスタを覗くと「TN2T 1833 CQ JA DWN」と出ている。
JA4に応答していたので、サーチすると1819でJA4が呼んでいた。
JA4へのTUを待ってコールし579/599でQSO。
丁度秋田の日の出、06;46JSTで、QSO後聞こえなくなり、一瞬のチャンスでした。
しかも、5分後にはスノーノイズが9+10dB。
一週間ふらなかった雪が、今、ふり出しました。今週は積もりそうです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

VP6T 160m

2012-01-23 22:48:08 | インポート
昨夜から K=6だったり、コンデションが最低でしたが、今日22時過ぎてK=1になったのでVP6の
1831.5KHzをワッチしていた。
23Jan 22:07JST やっと229で聞こえだし、22:19にはフワーと浮き上がり
「CQ VP6T QSX1823」とはっきり聞こえた。
USAの東海岸の夜があけたのでパイルが少なくなったのか一発で応答があり、QSO。
オセアニアでたった一つ残っていたNew oneをゲットできました。
この後、又229に落ちてしまった。  


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

136KHz 地表波伝播

2012-01-23 09:31:36 | インポート
23日9時J  K-indx=5 A=19 conditions=poor と出ている。
1wで送信してみたら、東京グラバーではいつもと同じように安定に受信されていた。

参考
http://homepage3.nifty.com/jj1grk/136_6.htm
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MLAの変種給電

2012-01-20 10:00:40 | インポート
MLAはループに直接、又はリンクコイルで給電するなど、色々な方法で実用されています。
いずれもループをCで同調させています。
私が実験したリンクコイル側で同調させる方法は初めてでしょう。
SRAとの違いはMLAシミュレーターでゲインが計算でき、ゲインは波長に大きく影響されます。
しかし、この給電方法はループを直接同調させたMLAと比較して、なんのメリットもないので、
失敗例です。
ループに流れる電流はループの何処の位置でも同じでした。
定在波は考えなくて良い。

追記(1月25日):この方法で面白いのはループを小さくしてMLA動作でなくして
①コイルに銅、アルミの板や、その材質のループをコイルに近づけるとインダクタンスが小さくなるので、
  同調させる為にCを大きくする、するとQが下がり、周波数帯域が広くなります。
  (その時インピーダンス計で抵抗が増加するので、放射抵抗が大幅に上がったと勘違いします,ほとんどが
   損失抵抗の増加なのです)
②コイルのアース側に1/4波長のラジアルを付けるとよく飛びます。
③ラジアルを付けなくても、同調を調整すれば同軸ケーブルがラジアルと同じような役目をします。
④同軸ケーブルにコアをかぶせると、同軸が短くても電波がよく乗る場合があります。
⑤特に良いのは、タワーの上でタワーにコイルのアースを接続すると、タワー自体をアンテナにできます。
 (長波などLFでは、そのような給電方法があります)
”SRAをタワーに上げて80mバンド以下でUSA、EUなど遠いDXと出来た方はこの例と思います。
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

160m OK1ATP/QRP  C21HA

2012-01-18 11:54:51 | インポート
1月18日5時半から 1811KHzでCQ
17Jan 20:30UTC  UW2ZO、OH5TS、RX4HP、UY0ZA、SM5AJV、SM3EVR、
     20:45      SM5IMO、OK1ATP、G3RTY、G3SEF、OK1JR、LA1VFA、
     06:00-06:17 OE6RDD、OH6VI、OE3DIA、OE6KYG、HA5BSW
OK1ATPに呼ばれた時は229ぐらいでOX1かと思った。339になってQSO,彼はQRP
だとDXクラスタに上げてくれた。QRPなら5Wだろうか。
彼も古くからの160mマンで、UAが出ていなかった時代は日本から交信可能な第1人者
であった。他にはDL1FF,PA0HIPぐらいしか聞こえなかった。
夕べはK-indxが3以上だったが、起きてみたら1になっていたので、CQをだしました。
OH、LAなど北欧が聞こえたけど、日の出前にはガクンとコンデションが落ちた。

17Jan 08:35UTC C21HAと1821KHzでQSO(後にQSXdwn)で弱かったが、彼の耳
は良かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加