JA7NI - AKITA GRABBER

2200m band Grabber for DX

JA1CGMの1Wを受信

2011-06-27 21:32:12 | インポート

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の景色

2011-06-24 11:32:35 | インポート
あと20cmで無線小屋が床上浸水になりそうですが、これ以上にはならないと思います。
重いアンプはビニールシートで下半分包みました。
自宅は高くなっているので浸水の心配ありません。
トタンアースは流される寸前に引き上げました。
追記;14;50JST 15cm水が引いたので、心配なさそうです。
追記;畑が水を被っただけで、被害ありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅行のためQRT

2011-06-20 04:53:00 | インポート
20~23日北海道旅行、25~26日無線仲間と一泊ゴルフのためQRTします。
北海道では電電公社鈴鹿電気通信学園時代の同級会が行われるので、Xを連れて参加です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タワーの影響

2011-06-18 15:23:02 | インポート
136KHzアンテナ線からタワーに流れる、いわゆる輻射に無効な電流がアンテナ電流の28%にもなっていた。
森岡さんからアドバイスがあったので、タワーの避雷アースをタワーから外して、タワーに電流が流れないようにして電流の行方をクランプ式のRF電流計で追ってみた。
実際には避雷等危険防止の意味で、240-43トロイダルコアに太い線を15回まいてタワーを接地した。
その結果タワーへの電流がゼロになり行方不明の電流はほとんど無くなった。

タワーへ流れなくなったので、アンテナ抵抗は7.6Ωから9.6Ωと2Ωも高くなった。
(バリオメータの目盛りの変化は僅か)

クリエートの支線式タワ-はコンクリート土台にボルト1本で固定され、支線で持っているので、このようにして
アースから切り離しできる。
恒久的に使用するには更なる雷対策が必要と思う。
追記;一旦実験終了して元に戻しました。将来タワー電流をキャンセルする実験したいと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

水路アースだけでは?

2011-06-17 15:59:53 | インポート
3cm幅の平編み線を 絶縁トランスからタワー直下のアース端子盤まで約6m新たに張り、
アースが水路アース(トタン8枚)だけのアンテナ抵抗を測定したら8.0Ω であった。

これに、その他のアース7箇所を追加すると、今日のアンテナ抵抗は7.6Ω。
水路アースとその他のアース間は
純抵抗9.7Ω  リアクタンス+8.8Ω  インピーダンス 13.1Ω であった。(138KHz)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加