JA7NI - AKITA GRABBER

2200m band Grabber for DX

160m  4SQ 高架ラジアル

2017-01-03 05:16:24 | 160m
ON4UN著「Low Band Dxing」日本語版の方をじっくり読み、高架ラジアルの実験をした。
JA方向は弱くても良いので、北方向に1本づつ張ってみた。高さは2m程度である。
従来アースと高架ラジアル間のインピーダンス、jXを測定して高架ラジアルの長さを1/4波長に合わせた。
その結果、単体4本のアンテナR,Zとも50Ω以下となった。
アースとラジアルは接続していて、
アンテナからふりそそぐ電気力線の行先を想像すると、高架ラジアルへの帰路が支配的と思えた。
(アースとラジアル、各々の帰路の電流はクランプ電流計で測定すればわかりますが、まだやっていません)

当然4本の単体アンテナは無指向性でなくなり、高架ラジアル方向への指向性が出るだろう。

実験の目的はシングルデルタループよりEU,USA方向へ3dB強くて、JA方向へ10dB弱くすることです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 160m 4SQアンテナの設置 | トップ | 4SQ アンテナ・アース電... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
高架ラジアル (Gyp)
2017-01-03 21:42:42
地べたに複数のラジアルや板を敷くよりも1/4λの高架ラジアルで輻射効率が改善される・・・ハイバンドGPでラジアル1本より3本がエリア別の感度差が少なかった気がしています(≒無指向)。ラジアルの長さや角度でSWRを調整しました。
高架ラジアル (Gyp)
2017-01-04 05:07:09
1/4λ高架ラジアル→高周波接地
ラジアル張った方向→指向性
角居さんのアンテナハンドブック読んでみましたHi
高架ラジアル (ja7ni)
2017-01-04 07:06:34
「垂直偏波デルタループ」は高架ラジアル付き垂直アンテナの並列みたいなもので高能率でした。
4SQのラジアルについて、隣地まで使える冬の間に色々確認してみます。
GPアンテナ (aota)
2017-01-05 11:38:33
こんにちは。
GPアンテナのZは32Ω付近になるようですが、LCを使用しないで50Ωにアップする方法が解りません。高架ラジアル1本では
何とか探せますが、安定しません。
Q_HYBも32Ω付近を作るのでしょうか
、、、、ということは1/4λ同軸は50Ω系
でしょうか?
4SQ (aota)
2017-01-05 11:58:00
追記 コントローラーの写真ですが、
初めて見るタイプです、何という回路ですか? 位相作成はLC構成でしょうか?
使用した同軸の本数が合いませんので、余計にわからないです。
4SQ (ja7ni)
2017-01-06 16:26:25
4SQは青田さんが先輩ですね。
セットはARRAY SOLUTIONS製で、HYBコイルを使わない方法です。
180°の位相は1/2波長の同軸ケーブルを使います。90°位相はLC回路です。
各アンテナからの1/4波長同軸は50Ωです。
GPのインピーダンスは36Ω~40Ωぐらいでしょうが、ロス抵抗加算で48~50Ωになっています。飛びが悪いなら、デルタにもどす予定です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。