JA7NI - AKITA GRABBER

2200m band Grabber for DX

千葉県コンテスト 136khz

2014-10-20 00:18:21 | 136Khz
10月19日(日)12時~18時開催  136KHzで惟一のコンテストに1時間ほど参加しました。
JA1NQI 569で受信
JA1CGM589/579でQSO
今回はこの2局しか受信できず、2人がQSOしている相手の局は聞こえなかった。

NIの送信設備:TX2000A 50W  アンテナ抵抗11オーム
        (コイル抵抗3Ω+(アース抵抗+輻射抵抗+アンテナ線の抵抗+環境損)8Ω=11Ω)
         輻射抵抗は0.2Ω程度です。
        
   受信設備:IC-7800遠隔受信 ビバレージアンテナ300m


       ・ 長波では測定されるアンテナ抵抗はロス抵抗で輻射抵抗は微小で、無視できます。
        もし、136KHzで1/4波長の550mの垂直アンテナを上げ、
        アース抵抗5オームなら輻射(放射)抵抗30Ω程度になりますが、
        アマチュアには不可能なことで、輻射抵抗0.1Ωなら上等のアンテナです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

136KHz SV8CS受信

2014-10-04 23:13:05 | 136Khz
今朝は3時半過ぎに起きてグラバーを見ていたら、UA4WPFの送信が始まりました。
画像は今朝20:30UTCの場面です。

上の方、136173.0Hz にDFCW でUA4WPFの「WPF}が見えてます。
下に方、136171.5Hz にQRSSで所々欠けていますが「SV8CS」です。
その下の横線がロランハーモニックです。
SV8かどうかはJA8SCDさんがヨーロッパの仲間に確認してくれました。(Tnx)
これからの時期、コンデションが上がるので、相手の耳次第でQSOの可能性があり、こちらからビーコン出してみます。

こちらの受信アンテナは160m兼用の400m長ビバレージです。
160mではヨーロッパ向け単指向性ですが、136KHzではサイドも甘いフロントとバックの相方向性になります。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加