興味あるExperimentを自由気ままに楽しんでいる備忘日記!

※個人の備忘日記につき、善意の質疑には応えますが、悪意ある言いがかりや文句、執拗なコメントは一切お断りしております!

ICストレートラジオ(短波用)+レベルメータを作成した

2017-07-22 20:00:54 | その他の無線、電子、電気、工作実験

自作したアンテナについて、相対的な強弱を観測するため、ラジオIC、TA7642+レベルメータ(短波用)を作成してみた。

こちらの回路を参考にさせていただきました。  http://www8.plala.or.jp/InHisTime/page056.html

変更箇所は、①電源を3Vに統一したのと、

②LMF501TをTA7642に差し替えた。

③TA7642のO端子と電源の間の 1kΩを2.4kΩにした。

④アンテナ回路のコイルを変更した。

最初にブレッドボードに組み込んだのをそのまま使った。(基板に組み換えるのが面倒だった)
ケースは、100均の文箱のような物を利用したので、ユッタリした感じで組めた。

 

受信範囲は3~11MHzで、ハムバンドの80mと40mの2バンド用となった。

ものすごく感度良好だ。 
なにしろアンテナアナライザーの測定出力で、7mくらいの距離でもレベルメーターが振りきれるので、ハム用受信機のSメーター並に感じる。

 

ちなみに、送受の距離を1m以内にして、同調回路をつけずに直接アンテナとつないだ時は、18MHzまで感知してレベルメーターが振り切れた。(下手に同調回路は付けないほうが良いかも知れない)

21MHzは試してみなかったが、もしかすると28Mhz あたりまで感知するかも・・・・。

 

【7/29追加】

受信アンテナについて、同調回路を付けた時High Level Jokeアンテナを外して、他のアンテナにした時の送受実験記録の一部を公開。

送信:7MHzでアナライザー出力をSRAから送出
受信:ワンターンループアンテナ(Φ25cmくらい)+ICストレートラジオ短波用+レベルメータ
受信側同調回路ありの場合、送受7m離してレベルメータ振り切れ
この時は、1.6mm単銅線ループでの実験だった。

今回は、LANケーブル4線を撚ってリッツ線代わりにし、Φ20cmくらいのワンターンスパイダーループアンテナにしてみた。

誘起電力の増加を期待する。 

 

【7/30追加】
今度はアルミ3mm線のワンループアンテナを作って受信強度に差があるか実験してみた。
 
1.6mm銅線、4条撚り線、3mmアルミ線、どれも目に見える差はなかった。
送受の距離が7mしか離れていないからな。(^-^;

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポリバリコンの軸延長部品を... | トップ | つい調子こいて、またポリバ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他の無線、電子、電気、工作実験」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。