フライトログ No.247 世界一忙しい空港 MROC-KATL

2017-01-25 23:09:17 | FSX・P3D フライトログ 北米着


こんにちは。
未だに正月が終わりません。どうしましょう。どこかで無理やり直さないと・・・
さて、今後の予定がおじゃんになってしまった事を前回お伝えしましたが、とりあえず米系のハブに行けばどうにかなるだろうということでアトランタへ飛びます。
DFWは訪問歴がありますし、IAHは738しか投入されていなかったので必然的にアトランタになりました。前々から訪問してみたかったので良い機会です。



今回はデルタ航空が運航するDL902便でアトランタまで行きたいと思います。
サン・ホセ出発は14:10(現地時間08:10)。アトランタ到着は18:12(現地時間13:12)で、ブロックタイムは4時間2分となる予定です。尚、両都市には1時間の時差があり、アトランタの方が1時間早いです。
※記事中に表記されている時刻は括弧内の時刻表記を除き全てUTC(世界標準時)に統一して表記しております。今回はサン・ホセがUTC-6:00、アトランタはUTC-5:00です。


今回はB757-200で運航します。
C24席、PY20席、Y136席、計180席の3クラス編成です。比較的古いコンフィグが投入されている様子。

ルートはこちら。

よほどの事がない限りはフロリダまで一択。それ以降はもうご自由にどうぞ。という感じ。

以下フライトインフォメーション
区間:フアン・サンタマリーア国際空港(Juan Santamaría International Airport/Aeropuerto Internacional Juan Santamaría) MROC/SJO ----- ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港(Hartsfield-Jackson Atlanta International Airport) KATL/ATL
便名:DL902
使用機材:Boeing 757-232(N666DN)
(アドオン:QualityWings Simulations/Ultimate 757 Collection)
搭載燃料:46,147lbs
総離陸重量:212,992lbs
予定ブロックタイム:4時間2分
出発スポット:4番スポット
巡行速度:M0.81
巡航高度:MROC-(35,000ft)-PZA-(37,000ft)-TADPO-(40,000ft)-TAY-(39,000ft)-AMG-(38,000ft)-KATL
飛行距離:1503nm
飛行ルート:MROC-(SID)-RADON-(B767)-PZA-(UZ751)-SELEK-(UL345)-UVA-(G448)-
TADPO-(DCT)-RSW-(V7)-LAL-(V157)-TAY-(J85)-AMG-(DCT)-HOWRR-(STAR)-KATL

天候はこんな具合

サン・ホセ


アトランタ。ほぼ正面からの風。遅くなればなるほど荒れる予想。
ちなみに早いと降雨だそう。

200hpa風向速図

プラマイゼロ


フアン・サンタマリーア国際空港(サン・ホセ)の天候は
風:092@7kt
視程:20nm以上
天候、雲:快晴(Sky Clear)
気温:14℃
露点温度:8℃
高度計規正値(QNH):3001
使用滑走路:07だそう。穏やか。


右はAAの752。


パーキングコードが入っていなかったのでこっちに来ています。


こうやって見ると757の華奢な胴体がよく分かります。


COPA↑


サウスウエスト


間を開けずにパナマから到着。スプリットシミター装備。


ノシ


気づいたら積み込み終わっていました。


DFWへ。


ABXが出発


後ろから小さいのも続きます


デルタ


ABX離陸


間もなく

というわけで定刻通り、14:10(08:10)にプッシュバック。



はよ動け


RWY07から。ILSも07側のみですし、通年でこちら側を使っている様子。


!?


カーゴとジェネアビ向けランプ。結構広い。


離陸許可は出たのでとりあえず無視します。


VR

きれいにラインナップできました。気が向いたのでウイングビューはプッシュバックから。エンジンスタートの音が来ていないです。
タキシング開始は7:20、ラインナップは12:00前後です

というわけで14:20(08:20)にテイクオフ。
SIDはCOCOS FIVE DEPARTURE、TRANSITIONはRADONです。



割と軽快な上がり。


山に囲まれているので迂回しながらの上昇。


手前でレフトターンするので大丈夫なのは分かっていますがこわい。


ばいばいコスタリカ


黒い雲。調べたらShaderが原因だそうで。それっぽい設定を変更して様子を見ます。


ニカラグアのニカラグア湖

離陸から16分後の14:36(08:36)に巡航高度35000ftへ到達。
風が良さそうだったので14:55にPZAをヒットした際に37000ftへ。


カリブ海を眺めながらしばし巡航。


キューバ上空。


あそこは通りたくないですね・・・

16:10にTADPOをヒット。FL400へ。


フロリダ半島の南端。


CMとかで出てくるオーバーシーズハイウェイ。通ると分かっていればシーナリー入れたんですが・・・


ジャクソンビル。


雲べったり。

17:03にTAYをヒットしてFL390、17:11にはAMGをヒットしてFL380まで落とします。


何とも言えない空気感。

17:16(12:16)にHOWRRの21nm手前から降下開始。
STARはHOWRR TRANSITIONのSMOOV ONE ARRIVALを設定しました。



やっぱりお天気悪いですね。


黒雲が目立ちます。

今回はILSアプローチでRWY28へ着陸します。

ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港(アトランタ)の天候は
風:306@17kt
視程:6nm
天候、雲:驟雨(Light Rain)、千切れ雲(Broken clouds) 雲底高度1600ft
気温:13℃
露点温度:11℃
高度計規正値(QNH):2939
使用滑走路:26R/L・27R/L・28だそう。横風成分が少ないのがまだ幸いでしょうか。


飲み込まれそう。


ILSが捉えられない・・・!!オンコースのはずですがこの状態からマーカーがピクリともせず。


滑走路手前3nmあたりで捉えました。VOR/DMEのアプローチチャートも準備しておくべきだった・・・


17:45(12:45)にタッチダウン。

フレア前に吹かす必要なかったですね。


なんであそこだけ光っているのでしょうか・・・


A33番へ。


さて、ここからが少し遠い。


RWY09L/27Rを横断。


さすがアトランタ。


717


しかし広大なランプですね。


こちらがA33


FDX


左にはDLの757が。


というわけで、定刻より15分早い17:57(12:57)に無事スポットイン。
お疲れ様でした。




編集降機というか裏話というか
P3D初のボーイング機によるフライトでした。アドオン自体はFSX時代から使っているので特に感想はないです。
やはりと言うかなんと言うか、流石にアトランタの規模までくると重いですね。
FS9モデルのAI機を無くせば改善しますが時間が・・・


もちろんデルタ。バゲージびしょ濡れ必須ですね


ちなみにChasePlane、導入しましたが私の環境下では全くと言っていいほど機能してくれませんでした。
とりあえずクラッシュリポートを貼り付けて然るべき場所へ送っておきましたが・・・現状では39USD捨てたも同然ですね。
その後手動でcamera.cfgをいじって固定視点を設置。やり方はFSXとほぼ変わらないかと思います。


どうぞ


降り。757かっこいい。


フレームレート。

ベクター

ほぼSTARをなぞっていますね。問題なし。

FsP、直ったようです。

上昇中に乱気流で突き上げられて4Gというとんでもない重力加速度を記録。

さて、次回のフライトは1/27(金)に飛ぶ予定です。
では、失礼します。

累計ブロックタイム:約1094時間23分(45日14時間23分 秒は切り捨て)
累計飛行距離:約456,344nm(約845,149km) 赤道上を飛行したとして約21.09周分(赤道上の地球の周囲を40,075.017kmと仮定)
1フライトあたりの平均ブロックタイム:4時間32分
1フライトあたりの平均飛行距離:1,894nm(約3,508km)

上記の累計・平均の値は、全246フライトの中からブロックタイム・飛行距離が記されていない5フライトを差し引いた計241フライトを元に算出されています。




区間:フアン・サンタマリーア国際空港(Juan Santamaría International Airport/Aeropuerto Internacional Juan Santamaría) MROC/SJO ----- ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港(Hartsfield-Jackson Atlanta International Airport) KATL/ATL
便名:DL902
使用機材:Boeing 757-232(N666DN)
(アドオン:QualityWings Simulations/Ultimate 757 Collection)
搭載燃料:46,147lbs
残燃料:17,028lbs
総離陸重量:212,992lbs
予定ブロックタイム:4時間2分
実際のブロックタイム:3時間47分
フライトタイム:3時間25分
地上滞在時間:22分
離陸~巡航までの時間:16分
巡航時間:2時間40分
降下~着陸までの時間:29分
総タキシング距離:5.49km(サン・ホセ:2.28km/アトランタ:3.21km)
出発スポット:4番スポット
到着スポット:A33番スポット
巡行速度:M0.81
巡航高度:MROC-(35,000ft)-PZA-(37,000ft)-TADPO-(40,000ft)-TAY-(39,000ft)-AMG-(38,000ft)-KATL
飛行距離:1503nm
飛行ルート:MROC-(SID)-RADON-(B767)-PZA-(UZ751)-SELEK-(UL345)-UVA-(G448)-
TADPO-(DCT)-RSW-(V7)-LAL-(V157)-TAY-(J85)-AMG-(DCT)-HOWRR-(STAR)-KATL
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フライトログ No.246 硝子のP... | TOP | サウジアラビアの副皇太子が... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL