フライトログ No.228 オーストラリアのシャトル路線 YMML-YSSY

2016-09-19 13:15:37 | FSX フライトログ オセアニア着


こんにちは。
初めて焼酎を口にしたら一杯で無事に倒れました。
さて、今回はオーストラリア随一のシャトル路線のお世話になります。
同路線は確かQFの767が退役する際に飛ばしたことがありますね。朝晩に便が集中しており、忙しい時間帯では1時間で10便出ることもあります。
機材もA330からB737まで揃っていますのでシマーとしては希望の時間・機材で飛ばせるのが助かりますね。



今回はジェットスターが運航するJQ502便でシドニーまで行きたいと思います。
メルボルン出発は21:35(現地時間07:35)。シドニー到着は23:00(現地時間09:00)で、ブロックタイムは1時間25分となる予定です。尚、両都市に時差はございません。
※記事中に表記されている時刻は括弧内の時刻表記を除き全てUTC(世界標準時)に統一して表記しております。今回はメルボルン、シドニー共にUTC+11:00です。


今回はA320-200で運航します。
Y180席、計180席のモノクラス編成です。

ルートはこちら。

ド定番ルート。

以下フライトインフォメーション
区間:メルボルン空港(Melbourne Airport) YMML/MEL ----- シドニー空港(Sydney Airport) YSSY/SYD
便名:JQ502
使用機材:Airbus A320-232(VH-VFT)
(アドオン:Aerosoft / Airbus A320)
搭載燃料:19,522lbs
総離陸重量:145,291lbs
予定ブロックタイム:1時間25分
出発スポット:47番スポット
巡行速度:M0.798
巡航高度:37,000ft
飛行距離:409nm
飛行ルート:YMML-(SID)-DOSEL-(Y59)-RIVET-(STAR)-YSSY

天候はこんな具合
メルボルン


シドニー

シドニーの風向きが残念ですが他は問題なし。

200hpa風向速図

良好。


メルボルン空港(メルボルン)の天候は
風:329@10kt
視程:20nm以上
天候、雲:快晴(Sky clear)
気温:11℃
露点温度:6℃
高度計規正値(QNH):3009
使用滑走路:27・34だそうです。


右も左もジェットスター。



国際線就航80周年記念塗装?


ANZ


SLなしもまだ多いようで。


ヴァージン。


搭乗開始。


バルクにしている会社が多いですがJQはLD-3-46Wを使っているようで。


PBB解脱。2016年現在ここにあったPBBは撤去されているんですけどね。

というわけで定刻どおり、21:35(07:35)にプッシュバック。



RWY34上がり。


ラインナップ。


VR

330なんで横断しちゃうのよ・・・後ろから進入機も来ていたので待つことはできませんでした。

というわけで21:45(07:45)にテイクオフ。
SIDはDOSEL EIGHT DEPARTURE、TRANSITIONはDOSELです。



割とおとなしい上がり。


離着陸時に交錯しなければいい空港。


雲ベッタリ。

離陸から20分後の22:05(08:05)に巡航高度37000ftへ到達。


キャンベラ。

22:21(08:21)にCULINの8nm手前から降下開始。
STARはRIVET TRANSITIONのRIVET RNAV ARRIVALを設定しました。

RWY16R/LへはBOOGIからベクター。


正面にはシドニー中心部。そしてその向こうにはシドニー空港。

今回はILSアプローチでRWY16Rへ着陸します。

シドニー空港(シドニー)の天候は
風:218@6kt
視程:20nm以上
天候、雲:幾つかの雲(Few clouds) 高度5900ft
気温:15℃
露点温度:11℃
高度計規正値(QNH):3012
使用滑走路:25・16R/Lだそうです。


シドニーの中心街。

22:49(08:49)にタッチダウン。

ヘロヘロ。オートブレーキはLow、フルリバースでしたが全然止まりませんね。


54番スポットへ。


久しぶり。


あと半年で退役です。


ヴァージンオーストラリアの現行塗装、大分本家に近づけたんですね。


どうしましたし


RWY07/25を横断。


こちらが54番。


ヴァージンズ


AI機のJQ502も無事に着いたようで。


右はタイガー


左はJet★


というわけで、定刻より4分早い22:56(08:56)に無事スポットイン。
お疲れ様でした。




編集降機というか裏話というか
AerosoftのA320でした。エアバス特有の操縦に未だ慣れません。MCDUの使い勝手悪すぎやしませんか・・・?
幸いにもExtended時代に一度触っているので特に練習せずとも扱えたので良かったです。


Jet★のグラハンっているのでしょうか。同じグループ内ですしQFがやっていてもおかしくないので・・・


上がり。



これはやばい。



降り。



後方から見ると結構立派なメインギア。

ベクター

大丈夫。

FsP

いや行き先YSSYで設定したんですけどね・・・Aerosoftの燈火類がFSXデフォルトとは全く異なる系統で処理されているようで、そちらでも減点喰らっています。

さて、次回のフライトは9/19(月)に飛ぶ予定です。
では、失礼します。

累計ブロックタイム:約1009時間3分(42日1時間3分 秒は切り捨て)
累計飛行距離:約420,719nm(約779,172km) 赤道上を飛行したとして約19.44周分(赤道上の地球の周囲を40,075.017kmと仮定)
1フライトあたりの平均ブロックタイム:4時間32分
1フライトあたりの平均飛行距離:1,895nm(約3,510km)

上記の累計・平均の値は、全227フライトの中からブロックタイム・飛行距離が記されていない5フライトを差し引いた計222フライトを元に算出されています。




区間:メルボルン空港(Melbourne Airport) YMML/MEL ----- シドニー空港(Sydney Airport) YSSY/SYD
便名:JQ502
使用機材:Airbus A320-232(VH-VFT)
(アドオン:Aerosoft / Airbus A320)
搭載燃料:19,522lbs
残燃料:10,658lbs
総離陸重量:145,291lbs
予定ブロックタイム:1時間25分
実際のブロックタイム:1時間21分
フライトタイム:1時間4分
地上滞在時間:17分
離陸~巡航までの時間:20分
巡航時間:16分
降下~着陸までの時間:28分
総タキシング距離:3.87km(メルボルン:1.80km/シドニー:2.07km)
出発スポット:47番スポット
到着スポット:54番スポット
巡行速度:M0.798
巡航高度:37,000ft
飛行距離:409nm
飛行ルート:YMML-(SID)-DOSEL-(Y59)-RIVET-(STAR)-YSSY
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フライトログ No.227 The wor... | TOP | フライトログ No.229 The wor... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL