JA6VQA 日々新たに

古希を過ぎ、趣味のアマチュア無線で海外との交信や写真などを中心に、日々感じることを書き綴ってみます。
 

JT65のSoft

2017-07-26 10:24:16 | 無線
 先の日曜日に行われたJARL大分県支部の「はむ寺子
屋」で、JT65の話をしました。
 その際どのSoftを使用しているかを聞きましたら、や
はりJT65-hf-hb9hqxの日本語版が多かったです。
 日本語というのが取っ付きやすいのでしょう。

 私は本家のWSJT-XをHFでは使っております。6mでは
デコード率がいいと評判のJTDXを別のPCにいれて使い
分けております。

 hb9hqxのインストールはしているのですが、一番使い
にくいと思うのは、デコード画面が上に積みあがってい
くことです。
 他の二つのソフトは画面の下に継ぎ足されていきます。

 PCのモニターが目より少し高い位置にセットしてある
ため上のほうに積み重なって新しいコールが表示される
と首を少し上向きにしないと見えないのです。
 それは累焦点レンズのめがねを使っているため目玉を
上に動かすだけでは文字がぼけて見えないためでもあり
ます。これが結構疲れるのです。
 下の方に新しいコールが現れると丁度目の高さに見え
るようにモニターの高さが調節してあります。

 hb9hqxはWFにコールサインが表示されるのが特徴でも
あり、一番のメリットかもしれませんが、そんなわけで
ほとんど使用しません。

 以前AFを分割して別々のPCでデコードに違いがあるか
をテストしたことがありますが、JTDXが未だないころで
したがWSJT-XがJT65-HFやhb9hqxより良かったので、それ
以来WSJT-Xをメインにつかってきたのです。
 やはり一番肝心なことはソフトは使い込んで慣れるこ
とだと思います。同じJT65のソフトでも使い方といいま
すかボタンの位置などが違いますから、あれこれ使いま
すととっさの時に間違うことも生じますから、ひとつの
ソフトを使いことに決めたほうがいいように思います。

コメント

6mのNEW QSL

2017-07-25 17:58:43 | QSL
梅雨が明けたと発表があったが、不安定な天気が続い
ております。
 こちらでは昨夜は土砂降りの雨が降っておりました。
 今日も夕方から振り出しました。

 お空のほうも太陽に黒点はなく、東北地方では6mの
JT65でまだEUが見えるようですが、こちらでは望むべく
もありません。

 6月に交信できた6mのNEWのカードが到着しました。

 ポーランドのEMEerでもあるMarekのすごいアンテナ設
備のお陰ではじめてのポーランドをJT65でゲットできま
した。彼のHPを見るとがんばっている様子が伺えます。


サーフィックスがなんとなく気になるEA6VQですが、す
でにLoTWでCFMできているのですが、カードを見て、いつ
も利用しているDXMAPSのオーナーであることを発見しま
した。
 DXMAPSの画面の上のバナーにあるPersonalをクリック
すると彼自身こことが良くわかります。すでに2mのDXCC
も完成して11Band DXCCのHolderでした。

 SP4MPBのHPを見ておりましたら、彼の6mのDXCCの
AWARDがあります。完成したのが2013年12月3日となって
おり、#1297と記されております。
 先日私が得たのが#1515でしたから、約3年半で218局ほ
ど増加していることが分かります。
 この数字が多いのか少ないのか、どう判断すればいいの
かは分かりません。平均すると一月に5局というペースは
世界中ですから余り多くはないと判断しましょうか。
コメント

スプリアス確認保証

2017-07-24 15:08:25 | 無線
 昨日のJARL大分県支部の役員会の折、新スプリアス
規格に伴う古い無線機のスプリアス確認保証の手続きを
11月末までにするようにとの進言がありました。
 なぜ11月末までに行わなければならないのかはよく
わかりませんが、いづれにしても1度はやらなければな
らない関所みたいなものですからとWEBでJARDに申請し
ました。

 この際ですから、移動する局のほうは機器の入れ替え
も申請してしまう予定ですが、HF機は古いものを1台残
すことにして確認保証をし、1台ですからJARLの会員割
引の対象にもならず、わけの分からない¥2500を払うこと
にしました。
 固定局のほうも古いのが1台ありますから、こちらも
確認保証の必要があります。
 
 結局JARDになんともわけの分からない5、000円を
支払うことになりました。

 これほど人を馬鹿にした制度はないと腹が立ちますが、
お役人が決めたんでしょう。
 本当にスプリアスがどうのこうのというのであれば、全
ての機器について調べるべきでしょう。
 抜き取り検査をして、それがOKなら右習えで保証すると
いうほんと人をなめた制度で2500円最低必要というん
ですから、JARDはいくら儲かるのでしょう。そんなに儲け
て何に使うのでしょう。

 いまさらくだくだ言っても天下の電波法に定める技術基
準の改正により、と来られては国民はどうしようもない。
 世界中で決めたという話ですが、こんな馬鹿なことをし
た国はJA以外には聞いたこともありません。
 よほどJARDとお役人が強く結ばれているのでしょう。
 どこかの政党がしっかりJARDのお金の使い方を追求して
くれないものでしょうか。JARLに入るんだったら、うれし
いことなんですがねー。
コメント (3)

やっぱり無理だった

2017-07-23 20:27:59 | 日記
 26年ぶりに準決勝戦に望んだわが母校でしたが、第一
シード校の別府市の私立明豊高校に6回コールドで負けま
した。
 何しろ1回戦からの勝ち上がりですから、4試合目とな
ればエースの益川君が持ちませんでした。初回から3失点、
あとは控えのピッチャーではとても強い相手を押さえるこ
とは無理。
 潔く負けてしまいましたが、久しぶりにもしかしたらと
本当に淡い希望でしたが、持たせてくれました。
これぞまことの真夏の夜の夢だった。

 今日は午後からJARL大分県支部の役員会とその後3時か
らの「はむ寺子屋」で講師をしておりましたが、途中で
母校が負けたと同席していた後輩からブレイクが入りまし
た。

 JA0CRI佐藤さんがブログで書いておりましたが、公立高
校と私立高校を同じ土俵で野球をさせるのは無理があるか
ら別土俵で勝負して、決勝で合まみえてはとの意見はさも
ありなんとおもいますが、そんなの実現はしないでしょう
ね。
コメント (1)

26年ぶりのベスト4

2017-07-22 11:47:12 | 日記
 わが母校 大分舞鶴高校が昨日過去に甲子園に出場し
たことのある日田林工に5-2で勝利。なんと26年ぶり
にベスト4になった。
 毎年1,2回戦で姿を消すのが当たり前の野球部です。
 どうしたことでしょう。
 決勝戦進出をかけた準決勝の相手は一昨年甲子園に行
った別府の明豊です。まあ明豊には負けるでしょうが、
ピッチャーの益川君がなかなかいいのでもしかしたらと
淡い期待を持っております。

 初代校長の橋本喬木先生は開校当時はラグビーより
野球部の甲子園出場を期待していたようで、そのときに
備えて校舎の周りには桐が沢山植えられておりました。
 桐は成長が早いから、早くに甲子園に行くことになっ
ても大丈夫だという話はよく在学当時に聞きました。
 しかし1951年以来いまだ甲子園とは縁がありません。
 校舎も木造が壊され、コンクリートに変わり、校舎の
周りに植えられていた桐はどうなったのでしょう。

 過去に全国優勝の実績のあるラグビーは相変わらず毎
年花園に行っていますが、公立の高校ではもう勝ち進む
ことは難しいのが最近です。

 野球部はずーっと泣かず飛ばずできております。
 ここまできたら。明日の準決勝にも勝って、甲子園の
切符を手に入れることを祈りましょう。
コメント