JA6VQA 日々新たに

古希を過ぎ、趣味のアマチュア無線で海外との交信や写真などを中心に、日々感じることを書き綴ってみます。
 

文科省の先輩と後輩

2017-07-11 16:29:13 | 日記
 いまだ福岡県朝倉市と大分県日田市では集中豪雨のため
避難が続き、孤立している所もあるとき、国会は閉会中に
もかかわらず加計学園がらみの審議がTV中継されました。
 たまたま豪雨の後に日程がぶっつかったのでしょうが、
こんなことで天下の一大事ともめ続けているのが馬鹿らし
く思った。
 こんな大変なときに欧州に出かけている首相を非難する
民進党のお偉いさんの発言を聞きましたが、天に向かって
唾する同じ民進党のアホサ加減。

 夕べから今朝のTVや新聞の報道をみてみると、一番感動
した加戸守行前愛媛県知事の発言がほとんど無視されてい
る。
 かたや文科省の天下り問題で責任を取ったか、取らされ
たかは知らないが前事務次官の前川喜平氏の発言は、こち
らのほうがマスゴミにとっては都合が良いのか、しっかり
取り上げられている。

 農獣医学部の新設を長いこと認めてこなかったのは、さ
まざまなことが影響したのでしょうが、一市民が今回の騒
動で知った限りでは、相当獣医師会と文科省の既得権益を
維持するための歪められた措置が長く続いたのだと納得し
ております。

 もし加戸守行前知事の証言を聞き逃した方はここで聞く
ことができます。ほとんどマスゴミからは無視されており
ます。
 二人の文科省出身者の人間性の違いも際立っています。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大相撲が面白い | トップ | Wiers-Xのノード局 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL