JA6VQA 日々新たに

古希を過ぎ、趣味のアマチュア無線で海外との交信や写真などを中心に、日々感じることを書き綴ってみます。
 

FT8の交信

2017-08-05 17:57:41 | DXing
 ちょっとした空き時間にFT8を試しております。
 とにかくこれまで使い慣れたJT65に比べて交信が難し
いというか同等のパワーでは飛んで行きません。
 未だそれほど交信数は多くはありませんが、短い時間
ですがJT65の倍のパワーを入れてもEUまで届かないこと
が多く、また交信が成立しないケース、すなわちRRRが
返ってこなかったり、レポートのレトライが多いです。
 近隣の国との交信はそれほど難しくはないのですが、
EUまでが遠く感じます。

 CQを出す局を見つけて、ダブルクリックして、Enale
TxボタンをクリックするとCQの後のピリオッドの半分は
時間が過ぎていて、再び呼んだ局のCQが見えた後、コー
ルして、相手から応答があるのが普通のように思えます。
 そう、CQを見つけてすぐ後のピリオッドで応答という
のが難しいです。
 時間的には15秒後とですから、JT65に比べれば早いこ
とは早いです。

 CQに応答してコールし、相手からコールバックがあれ
ば、あとは何もしなくてもSOFTが自動でレポート交換を
し、73を送ればLOG入力の窓が開きます。
 そのときのコンディションによるでしょうが、おおよ
そ相手の信号が-16,7程度が限度のように感じております。

 もう少し使い込んで見なければなんともいえませんが、
初めてJT65を使ったときのようなローパワーでも交信が
できるという感動は得る事はできませんでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 安物買いの銭失い | トップ | 広島、原爆記念日 »

コメントを投稿

DXing」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL