JA6VQA 日々新たに

古希を過ぎ、趣味のアマチュア無線で海外との交信や写真などを中心に、日々感じることを書き綴ってみます。
 

続 FT991 Panadaputer

2017-04-19 20:43:12 | 無線
昨日までFT991に中間周波を取り出す回路を組み込む作
業をして、一応の結論ができたのでFT991の裏蓋をしま
した。

 ところがFT991からAFが出なくなるトラブル発生。
 裏蓋にはこれまの機器では見たことの無いスポンジが
貼り付けてあり、丁度このスポンジが新たに取り付け
た基板を押さえるために発生したトラブルのようです。


 実際の作業は基板の製作者のHPにあるGalleryにあった
WU0Dの写真をまねてシールド箱の上に両面テープで取り付
けたのでした。
 もしかしたらWU0DのFT991の裏蓋にはこの押さえ用の
スポンジはついていなかったもかもしれません。

 裏蓋を再度外したら、AFは戻ってきてなんのトラブルも
ありません。
 基板の取り付け位置を変更してこのスポンジに押されな
いところに基板を固定すれば問題解決かもしれません。
 今回はせっかく取り付けた基板を外してしまいました。

 再度検討して取り付け作業をしようと思い仕切りなお
しとしました。

 それにしてもFT991のCATをUSBケーブルで行おうとOmni
rigを使いのですがうまくいきません。FT991のUSB端子が
おかしいのか、Omnirigの設定の仕方が悪いのかSDR Soft
とのCATのやり取りができません。 なぜなんでしょう?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« FT991のPana Adaputer | トップ | 完全に喘息だった »

コメントを投稿

無線」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL