JA6VQA 日々新たに

古希を過ぎ、趣味のアマチュア無線で海外との交信や写真などを中心に、日々感じることを書き綴ってみます。
 

きな臭い沖縄近海

2016-12-13 15:30:58 | 日記
 3日前、沖縄本島と宮古島の間の上空を中国の戦闘
機を含む軍用機が6機通過して太平洋方向に飛行した
と報じられました。
 もちろん自衛隊機はスクランブル発進して警戒に当
たりました。
 その後中国側から航空自衛隊のF15戦闘機2機が近距
離で妨害したうえ、妨害弾を発射し、中国側の飛行機と
乗組員の安全に危害を加えたと抗議してきました。
 それの対して菅官房長官は妨害弾などは発射していな
いと抗議しています。

 自衛隊機が何かを発射したとしたら、それはチャフか
フレアでしょう。
 チャフは敵の攻撃用レーダーにロックオンされた時そ
れをかわすためのデゴイです。
 またフレアは赤外線追尾ミサイルをかわすためのデゴ
イです。
 どちらも攻撃のためではなく、相手からの攻撃または
レーダー照射から逃れるためのものです。

 中国機がレーダーをロックオンしたり、まさかとは思
いますがミサイルを発射したとかがあったのかもしれま
せん。

 日本側が中国軍が先に何か仕掛けたということは絶対
に言わないでしょう。もしいえばそれがきっかけで一発
触発の戦争行為になります。
 ここはぐっと我慢して、何もなかったということで済
ますでしょう。
 黙って通り過ぎるものに、自衛隊機は日本の支配地域
を犯さない限り攻撃弾など発射することは絶対にないと
確信しておりますし、この中国側のいちゃもんつけは大
人げない行為でしょう。

 しかし沖縄近海はもうかなりヤバいことに近づいてい
る感がします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« IC-7610に注目 | トップ | ACTIVE FILTER »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL