JA6VQA 日々新たに

趣味のアマチュア無線で海外との交信や写真などを中心に、日々感じることを書き綴ってみます。
 

FT8の交信成立の条件は?

2018-01-14 11:31:38 | DXing
 今朝ほどLoTWをチェックしたら80mでうれしいNEWが二つ認証されていました。
 ひとつはこの1月8日に交信できましたV31MAです。-24dBのレポートを送って
いますからぎりぎり受信できた弱い信号でした。
 もうひとつは12日のブログで話題にしましたYO8CRUが早くもLoTWにUPしてくれました。
 12日にスクリーンショットを掲載しておりますが、YO8CRUからの信号はたった1行です。
 彼はそのとき、他の局をコールしている最中にコールしている局から応答がなかなか
得られないようなので、レポートを送りながらブレイクしたところ、いかにも
面度くさそうに一度だけ[RR-16]を送ってきてくれました。そのあと73を送ったのですが
それに対しての返事はなく、ふたたび他の局を呼び出し続けていました。

 さてよく話題になるのが、FT8の交信で交信成立の条件です。
 他局のブログを見ておりますと、DX側が73を受信できなかったから、DX局側から
交信成立ではなかったといわれたというのもありました。
 はたしてどこまでで交信成立とみなすのでしょう。
 交信した局同士がお互い認め合えばいいというのが基本でしょう。
 ですから73を受信できなかったから、認めないといわれれば仕方ないことになります。
 GRIDを省略してレポートを送っていると、相手からR+reportが送られてきますが
この時点でお互いがレポートを確認しあったとみれば、交信成立とみていいのでは
ないかというのが私の意見です。
 
 おそらく今月後半の3Y0ZのFT8の運用では1分の交信で、といっていますから、
73は送り会うことはないだろと思います。

 いずれいしてもJAサイドとしてはDX局に対してはどちらかといえば受身と
いいますか、弱い立場ですからあちらさんに交信と認めるかどうかのイニシアティブを
握られているようなものです。うまくいけばもうけものといぐらいの気楽な
気持ちでいくとストレスも貯まらないでしょう。






































































ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« Key Board | トップ | 同軸切り替え器 »

コメントを投稿

DXing」カテゴリの最新記事