JA6VQA 日々新たに

古希を過ぎ、趣味のアマチュア無線で海外との交信や写真などを中心に、日々感じることを書き綴ってみます。
 

上部頚椎調整

2017-02-22 11:03:39 | 日記
 昨日、2時間掛けて豊前市の整骨院に行きました。
 これまで、もう何回も家内のお供で来たことがあり
ます。
 院内に入ったことはありませんで、いつも車の中か
周りを散歩して時間をつぶしておりました。
 
 今回は先日来、腰に違和感があり、ギックリ腰では
ないのですが、姿勢を変えるときなどにピリっと痛み
を感じるので、治療を体験しろと誘われてしぶしぶ体
験してみました。
   
 上部頚椎調整法と言うのは、脳から出た神経が通る
第一、第二頚椎のずれを修正することにより、全身の
神経系統が正常になり、体に備わった自然治癒力で痛
みなどを直そうという治療らしいです。

 まず起立姿勢を背面から写真撮影、頚の後ろ側に器
具を当てて何かを測定し、ベッドに仰向けに寝かされ
、両足の長さの違いを図られて、体の傾きを計測され
ました。
 その結果左足が1.6cm長く、体が思いのほか大きく
右に傾いているらしい。

 頚椎のずれを直すといって、左を下に寝かされ、頭
を支える台がゴクンと動いて治療はおしまい。

 その後30分ほどベッドに仰向けに寝かされ、休息。

 最後に再度起立姿勢で後ろから写真撮影。両足の長
さチェック。
 それで結果を知らされました。
 右側への傾きがかなり修正されていました。
 自分では肩は水平だと思っているのですが、それで
もやや右に傾いています。モニターに赤と黒の曲線が
見え、割と垂直に近い黒の線が治療後の線だそうで、
体が真っ直ぐに近いく立つようになったらしいですが
実感はまったくありません。

 なんだかそんなことでと不信感ばかり残る治療でし
た。デジタルカメラが3台設置されておりまして、そ
れで背面からの写真を撮影したらしいですが、あんな
に左右の肩の線が10度も傾いて写るのはおかしいと
今でも疑問に思っていて、なんだか胡散臭い治療法の
ように思えてなりません。
 先生はアメリカまで言って習得したということです
が・・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« TL8TT on LoTW | トップ | 160mの4X4DX »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL