JA6VQA 日々新たに

古希を過ぎ、趣味のアマチュア無線で海外との交信や写真などを中心に、日々感じることを書き綴ってみます。
 

完全に喘息だった

2017-04-20 20:02:20 | 日記
 昨年お正月あたりに引いた風邪の治り具合が悪く、途
中に耳鼻咽喉科で副鼻腔炎と診断され投薬治療、そのご
かかりつけの内科で喘息だとの診断で吸入薬を処方され
快方に向かっていたと思っていたのです。

 しかし、最近は少しの運動の後や入浴後体が温まると
咳き込むことがたびたびでした。

 昨日予約を入れて今日の午前中呼吸器専門医のところ
で診察を受けました。

 むねのX線撮影、呼吸機能検査をしました。
 呼吸機能検査では肺気量測定、ゆっくり吸って、ゆっ
くり排気検査では年齢相応の結果が出ましたが、強制呼
出検査、一気に吸って、瞬間的に吐き出す検査では、か
なり悪い数値、その結果肺年齢が+5歳の82歳だと。

 太い気管はよさそうだか、肺の奥深くの細い気管が炎
症を起こしているとの診断でした。

 再び吸入薬を処方され、しばらく吸入を続けて様子を
見ようということになりました。
 おそらく直るだろうということで一安心です。
 規則正しく朝夕吸入することに努めましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続 FT991 Panadaputer | トップ | あるところにはあるもんだ!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL