JA6VQA 日々新たに

古希を過ぎ、趣味のアマチュア無線で海外との交信や写真などを中心に、日々感じることを書き綴ってみます。
 

40m用スローパーの再チェック

2016-11-05 15:00:36 | 無線
 10月12日にここで書きました40m用の1/4λのスロー
パーアンテナですが、どうしてRが15Ωしかないのか
いろいろと思案していました。
 もしかしてと思って、確かめたくなりました。
 それはタワーのさび止めのため4年ほど前にROVALの
グレーの塗料を塗ったのですが、そのためにアース側が
接触不良ではないかということです。

 思いはどうしても一度確かめたくなる一方で、4年ぶ
りにタワーの途中まで登ってみました。
 タワーのメインブレスに明いている穴の周りの塗料を
サンドペーパーではがして、地金が出るまで磨いてアー
ス側の端子をボルト締めしました。
 久しぶりのタワーへの登りは緊張しました。

 で結果はダメでした。

 今度は思い切ってタワーとエレメントの角度をグーッ
と狭く15度ぐらいまで近づけてみました。
 その結果Rの値は22Ωまで上昇してくれ、TRXのTUNERで
SWRを追い込むことができます。
 この状態でZL7Gとは交信できました。しかしまるで垂
直アンテナの感じで見た格好はよくありません。

 タワーにはすでに160mと80mのスローパーがぶら下がっ
ております。そのため高い周波数の40mのスローパーが影
響を最も受けてこのような低い抵抗値を示すのだという
のが一番考えられる原因でしょうか。
 やはりインピーダンス変換トランスの出番かな。
 でもスローパーアンテナにインピーダンス変換トランス
というのはあまり聞いたことがありません。ここは1:4の
トランスを巻くしかないのでしょか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 旅行先でのDX運用はダメか | トップ | 「・・・になります」アレルギー »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (exJH6ALF)
2016-11-06 10:12:35
私は160mと80mの2本でしたが、当初60度位の角度で2本引っ張っていましたが相互に干渉している事に気づき90度にしたら改善されました。VQAさんの所、川の方向にも引っ張れますかね?スローパー3本となると敷地の関係とかで多少の干渉は我慢するしかないかも?ローバンドにも出れる手っ取り早いアンテナですからね。
ひさしぶり。 (Author)
2016-11-07 17:21:45
重野さん お久しぶりです。お元気ですか。
 どうも指摘ありがとうございます。
 3本のスローパーは下から見るとCCWに東から40m、70度あけて80m、さらに110度離して160mと設置おります。
 でもやはり高いバンドが一番影響を受けるとON4UNのバイブルにもありますから、仕方ないのかもしれません。
 川のほうは他人の敷地でアンテナを展張するのはまず無理でしょう。
 もう少し検討してみます。

コメントを投稿

無線」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL