もっちゃんの教育と臨床心理のおもちゃ箱

還暦を過ぎても人間は成長し続ける。学ぶことによって経験知が統合し、新たな知恵となる喜びを感じています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

車のペットボトルトレイを利用した”ダストボトル”

2016年12月13日 | アイデアノート
100円ショップで買えるペットボトル用ポーチ
ガムのボトル(写真にあるプッシュ式でフタが開く方が便利)
500mlのペットボトル(お茶やドリンクのボトル)
でできる、自動車用のゴミ入れです。
もう何年も使っていますが、ペットボトルの部分を洗えばかなり長く使えます。

<作り方>
① ガムのボトル(もちろん食べてしまった空きボトル)の底を、カッターナイフで切り抜く。
  ※はじめにカッターナイフで中央部に切り込みを入れたら、ハサミで楽に切り取れます。
  もちろん、底をきれいに切り取る(底の部分が残るとガムの食べカスなどが付着する)
② ペットボトル(500mlならどれも利用できます)の半分ほどを切り取る。
  ※これもカッターナイフとハサミでOK
  ※①のガムボトルとペットボトルを組み合わせ、ペットボトル用のポーチの高さに合わせる。
③ ②で組み合わせたボトルをホルダー(ポーチ)に入れる。

 これで完成
 車の再度ポケットやセンター部など、今の車はペットボトル用のポケットやトレイがいくつかあるので
 使いやすいところに入れておけば、ちょっとしたゴミは入るのでとても重宝しています。
ジャンル:
ドライブ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ただ生きているだけの尊さ | トップ | 自学ノートの功罪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アイデアノート」カテゴリの最新記事