JA4VNE ◆ Log Book

アマチュア無線局 JA4VNE

山口県山口市

PC Log不具合!

2007年05月27日 12時00分25秒 | Weblog
ログソフトの機能の中で一部エラーが発生し、正常に使用できなくなっています。

このログはJARL NEWSの広告に10年前くらい前に掲載されていた市販ソフト「ワールドログWin(WLW)」
今や、ロギング・ソフトといえばフリーソフト「TurboHAMLOG」が常識。
WLWのサポートなどない(と思う)。

結局、2005年8月にとって置いたバックアップデーターをリストア。
空白の2年間を手入力で埋めることに・・・・。

只今、居間のテーブルにPC2台それにFT-817を持ち込んで、テレビを見ながら(?)悪戦苦闘中です。(写真)
この2年間は平成の大合併と重なり、交信データ入力に加え市町村修正など作業が膨大!!

『う~んマイッタ!』

どなたか、「ワールドログWin(WLW)」を「TurboHAMLOG」に乗り換えるソフトをご存知の方ありませんか??
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

続・続・DIAMOND ANTENA 「MAT-50」

2007年05月25日 00時39分06秒 | Weblog
MAT-50はマグネット・ベースでもOK!と謳ってあります。早速、試してみました。
場所は、防府市大平山山頂。主にHF帯のマッチング・テストなんで、どこでも良かったんですが、つい五月晴れに誘われて登ってきてしまいました。

アンテナはダイヤモンドのカセット・コイルタイプのモービルアンテナ。

まずは、3.5MHz用カセット・コイルでテスト。
MAT-50のマニュアルでは2枚を貼れば3.5MHzでもOK!とありましたが、残念ながらSWR:5以下には下がりませんでした。
アンテナチューナーを用意すればなんとか下がりそうな値ですが、3.5MHzはどうせ実用にならないからパスします。

続いて、7MHz。こちらはMAT-50 1枚でOK!7.02MHzあたりでSWR:1.2と好成績。十分実用になりそうです。
電波を出してみましたが、平日の昼間、おまけにFT-817(5W)なので応答なし。

次は21MHz。こちらも、広いバンド内 SWR:1.1~1.8くらいでカバー。国内が開けていたので2局と楽々QSO。

あと、28MHzは28.0がSWR:1.1で、どう調整しても中心周波数を上げることができず、29.3MHz FMはアンテナチューナーなしでは無理。

最後に50MHzのカセット・コイルでテスト。
MAT-50のマニュアルではリード線を調整するように書いてありましたが、そのまま1枚貼り付けただけでOK!
50.1~51.2MHz辺りまでSWR:1.1~1.8くらいでカバー。

MAT-50は3.5MHz以外、1枚でOK!逆に2枚貼るとSWRが高くなるバンドもありました。
こんな簡易アンテナセットでも十分性能を引き出せるダイヤモンドアンテナMAT-50は、まさに「魔法のマット」と言えるでしょう。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

J-Cluster

2007年05月20日 22時11分34秒 | Weblog
最近、J-Clusterを見ながらON AIRしています。
1.9MHzに出ていると、バンドが狭いせいかすぐレポートされます。

逆になかなかレポートされないと、アップされるまで頑張ってしまいます o(^v^)o
コメント
この記事をはてなブックマークに追加