出前授業Ⅱ

子ども向け電子工作&出前授業や
ツーリングなどの趣味のページです

四天王寺仁王像修復完了間近

2017-05-14 06:06:58 | 日記

街を歩くとお花がいっぱい

多年草のペチュニアは咲いている期間が長いですね

道端でひっそり咲いていると応援したくなります

浪速区の花 なでしこ

バラも咲いていました

あじさいも準備万端

最近の郵便配達バイク&エアコンの工事も忙しそうです

郵政カブも近い将来には電動に?

帰り道、また四天王寺を通りました

中門の仁王像の修復工事もだいぶ進んでいました

きれいにしておくれよ

足場を組んで、調査して、掃除して、割れ目等補修して

いよいよ色塗り 

それもだいぶ全体に行き届きました

少し前はこんな感じでした

こちらは東側の青い仁王様

わしもきれいになった像(ゾ)

どんな塗料なんですか、と訪ねたら、外に展示するものなので

耐久性の優れた特注の絵の具だとおっしゃってました

普通に街では売っていませんよね

5月19日までだそうですから、今週には仕上がるのですね

今日はこの看板が目にとまりました

ん?? よく見たら面白い文字です

南無阿弥陀仏と読めます

へー、大工道具で文字にしているのですね

さしがね、はさみ、やりがんな、せんで南の文字が、、

のこぎり、かんなてこ、すみさし、のみ、くぎぬき、かなづちで

無の文字が、、、

というふうに、、最後の佛の文字も大工道具で書かれていたんですね

聖徳太子が七道伽藍を創建時に金槌、鋸、錐などに仏性を入れて

大工工事の安全と無事建立を祈ったそうです。

今の、聖徳太子の千四百年御聖忌に伴う中心伽藍の耐震改修工事中

この旗が掲げられているのだそうです

何度も見ていましたが、この旗の字、気付きませんでした^^;

動画はこちら:goo.gl/wmor2r

現在の五重の塔は戦災で焼けた後の再建八代目だそうです

図面で見ても安定した形をしていますね

聖徳太子千四百年御聖忌(せいき) 中心伽藍(がらん)耐震改修工事は

来年終えて新しい中心伽藍がお披露目となるようです。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポータブルナビの修理 | トップ | 今月のArduinoファンクラブ・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。