ツナさんの小部屋

団塊世代のおじさんの趣味や生活の一部を紹介します。同じ趣味を持つ人たちと交流できればうれしいと思います。

中国受信環境クリーン協議会平成29年度第2回常任委員会(H29.8.30)

2017年08月30日 16時01分25秒 | JARL役員の部屋
 今日は、10時30分から広島市の中国総合通信局において実施された標記の会議に出席するため、朝早く津山を出発しました。

 受信環境クリーン協議会は、電気的原因などによる放送など無線通信の受信障害(「電波障害」と呼んでいます。)の防止を図り、もって電波利用面における公共の福祉を増進することを目的として設立されたもので、我々アマチュア無線連盟も電波を利用しているため、この回の趣旨に賛同し常任委員の末席に連なっています。

 委員会の中身については、お知らせすることは出来ませんが、こうした電波関係の3団体のメンバーに加入していることから、今年に入って5回目の広島行きとなりました。

 会議開始の時間よりかなり早く到着したので、久し振りに広島城を散策しました。

 

 広島城と言えば、1589年毛利輝元によって築城され、その後、福島正則によって大改修を実施された天下の名城で、名古屋城・岡山城とともに3大平城としても有名です。

 城内には、広島大本営の遺構も残っていますが、今日見ると夏草が生い茂っており、少々寂しい情景でした。





 話は変わりますが、城の形式は違うとは言え、こういうお城に来るとついつい我が津山城と比較をしてしまいます。

 往時の姿が完全に残っているわけではなく、単純な比較は出来ませんが、この広島城と比較してみても、津山城の圧倒的な規模は圧巻です(手前味噌になりますが。)。

 津山藩立藩時の城主、あの森蘭丸の弟 森忠政は、この城を築くに当たって、密かに天下をうかがっていたとも伝えられ、津山城の規模を見ると、それもあながち全くの夢物語とは言えないなと思った次第です。

 会議は午前中に終わり昼食は、お約束のお好み焼き。

 

 行列に並んでまでという気にはなれないので、比較的空いていた「いっちゃん」というお店に入りました。

 お好み焼き大好き人間としては、どの店に入っても外れと感じたことはなく、今日も美味しく頂きました。

 2時間余りの列車旅を終えて、午後2時半頃津山に帰着しましたが、先頃、南小学校から津山駅前に移設された蒸気機関車C11をまじまじと眺めました。

 

 津山が生んだ偉人「箕作阮甫」像とともに綺麗な姿を見せてくれましたが、惜しいかなこの北側には店舗があり、駅前のメイン国道53号線からはほとんど見ることが出来ないのが残念です。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「2017ハムの集いin島根... | トップ | ハムフェア2017(H29... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

JARL役員の部屋」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。