ツナさんの小部屋

団塊世代のおじさんの趣味や生活の一部を紹介します。同じ趣味を持つ人たちと交流できればうれしいと思います。

「2017ハムの集いin島根」(H29.8.27)

2017年08月27日 21時38分29秒 | JARL役員の部屋
 今朝は、朝早く津山を出発、標記の行事に出席するため、出雲市へ向け車を走らせました。

 今は、山陰道も出雲市まで整備され、2時間半もあれば到着することが出来ます。

 ハムの集いは、旧湖陵町の湖陵コミュニテイセンターにおいて、午前10時から開始され、御来賓に中国総合通信局無線通信部 松本陸上課長を始め、日本アマチュア無線連盟会長 高尾義則氏を迎えて、参加者総勢60名ほどのアマチュア無線家の皆さんとともに、賑やかに実施されました。

 

 我々、中国地方本部も会員の募集のためブースを設け、総務幹事の有國さんとともに、一日、募集業務に当たりました。

 

 おかげで、最近には珍しく多くの方に入会して頂き、成果が上がりました。

 本日の講演は、中国総通局 松本陸上課長の「災害時におけるアマチュア無線の役割」、高尾日本アマチュア無線連盟会長の「日本アマチュア無線連盟の現状と最近の取組について」、午後に入り、世界的に著名なアマチュア無線家 JA4DND 松浦さんの「ドイツ HAM RADIO2017見聞録」並びに「初心者による初心者のためのJT65講座」、八重洲無線の山本さんによる「新スプリアス対応の無線局申請の実務について」と盛りだくさんで、中身も充実していました。

 

 

 また、総通局のインターネットによる電子申請の体験ブースでは、次々とアマチュア無線家が訪れ、熱心に手続きの勉強をされていました。

 また、メーカーブースは、3社が展示ブースを設け、それぞれ新製品を展示していて、皆さん興味深く見ておられました。

 

 最後は、恒例のお楽しみ抽選会が実施され、参加者の人員数に比して景品の数が多く、3回もの抽選が行われ、それぞれ皆さん景品を手に喜んで帰って行かれました。

 毎年恒例の行事とは言え、毎年、新しい出会いがあり、新しい技術や情報を知りうるいい機会となって、有意義な時間を過ごすことが出来て有り難いことだと思います。

 島根県支部の皆さん、大変お世話になり、誠に有り難う御座いました。

 金子支部長さんを始め、皆様の益々の御活躍・御発展を心からお祈りしております。

 お疲れ様でした。

 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にんにく・らっきょう・エシ... | トップ | 中国受信環境クリーン協議会... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

JARL役員の部屋」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。