JP3YIB(阪南430)運用状況

JP3YIB(阪南430)の運用状況、利用者の交流の場として活用

安定化電源テスト用負荷装置の作成

2017-06-19 09:12:15 | 日記

 前回 安定化電源の修理時に、適当な負荷が無く自動車の電球で

行っていましたが、5A位しかテスト出来なかったので、30A目標で

試験が出来る装置を作成しました。

昔の電熱用コンロの予備のニクロム線があったので、1本12Vで5A

流れるように切って端子に固定、前のSWで10A毎に切替出来るように

しました。右の写真は12Vを印加した時の写真で、ニクロム線がすべて

真っ赤になり、出来は上々と思いきや 設計?では30A流れるはずが

17A止まりでした。温度係数を考慮してなかったためだと思います。

         By JA3TMJ

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安定化電源のメーターユニット取替 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。