HAM日記

JA3CLMのブログ

WSJT_X FT8モードの実験

2017-08-28 11:01:11 | アマチュア無線

常日頃はWSJT_X JTDXを使わせてもらってJT-65によるQSOを楽しんでおります。 WSJT_X Communityの情報によりますと、新しいモードのFT8が研究開発されて既にQSOが始まっています。  

WSJT_XのV1.8.0-rc1をダウンロードすれば、FT8モードが入っています。FT8の信号は今までの周波数より2KHz下で聞こえます。JT9よりも信号幅が少し広い50Hz程度ですから、バンド内に多くの局が同時に使えそうです。 今までと大きく違ったのは、一回の送信が15秒と非常に短くなりました。 送信15秒、受信15秒の繰り返しです。 交信内容は、従来のJT65などと同じですが、交信時間が短くなったから今までの4倍程度交信数が増えそうです。 しかも、先のMSK144と同様に、自動送受信が出来るので、相手をコールして、呼び返してもらえた段階から73を送るまで総て自動です。 CQを出している局を折角呼んだのに他局に取られたとしても、そのQSOはすぐに終わりますから、次にまた呼べるチャンスが早く巡ってきます。 半面、解読性能が今一つ悪いです。ノイズレベル-20db以下の信号はほとんど解読できません。JT65では-30db近くまで受信できていたのとは大違いです。解読性能の向上を期待しましょう。 さらに、15秒間隔なので、今までの様にのんびりとコンピューター画面を見ていたのでは、新しいCQを見逃します。 気分的には、かなり忙しくなった感じですよ。 HI

eQSLを利用の方はADIFファイルにしてアップしてもFT8モードは無視されていました。 しかし、7月17日からFT8モードがeQSLに追加されました。これで、eQSLでもFT8モードが使えるようになりました。!!

JTAlertXも7月22日からV2.10.0をインストールすればFT8モード対応となりました。 PSKReporterも7月23日現在でFT8モードが認識される様になりました。 

なお、TQSL(LOTW)ですが、今朝(8月15日)からFT8も使えるようになりました。 TQSLを開いてV11.1をインストールしてみてください。 今までFT8->DATAとセットされた方は、これを削除すれば良いと思います。

ところで、HRDLOG.netは、今日(8月28日)現在もまだ少し問題があります。eQSLの方にはFT8モードでも問題なくQSOデーターを転送してくれていますが、LOTWへの転送が何故か出来ておりません。近日中に直してくれるとは思いますが、治るまでは従来通りFT8モードの交信データーはADIFファイルにてTQSLからアップしなければなりません。面倒ですよね。。。

なお、FT8を始めるには変更申請が必要です。 無論、当局もすぐに付属装置変更の電子申請して、無事に許可になっていますよ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無線機を使わないWires X切替... | トップ |   
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
LOTWとFT8 (東海地方)
2017-08-09 18:50:07
こんにちは
OMのFBなソフトを利用させていただいているものです。
さて本題ですが、LOTWにFT8モードを認識させる
方法を発見しました。ただし全の局は認識しませんが
最初にclublogにlogをアップした後、clublogとLOTWとシンクロすればclublogにデータをアップしている局のみに対しLOTWでFT8モードが表記されるはずだと思います。
間違っているかもしれませんが
一度チャレンジしてみてください。


コメントを投稿

アマチュア無線」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。