de APX

こちらにに移動しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デジタル短波ラジオ DRM

2008-01-06 12:13:15 | アイデア色々
DRMとは、Digital Radio Mondialeの略で短波帯や中波帯などで行われるデジタルラジオ放送のことを言います。
http://www.drm.org/
に詳しい情報があります。日本では放送もされていませんが、海外のラジオを受信してみようと思いました。
試しに受信してみたいと思い、受信にトライしてみました。
専用の受信機は無いので普通の受信機の出力をPC(ソフトウエアは配布されている)に入力してデコードします。
受信機はJRCのNRD-525を使いました。
受信機の改造無しに受信するには、バンド幅をAUX(オプションのフィルターを取り付けない)MODEをRTTYモードにして受信周波数を下の方に3kHzくらいずらして受信しRECORD端子からピンジャックのケーブルでPCのマイク端子に入力し、レベルを調整して受信します。アンテナはワイヤーを外に張ったほうがよいです。
正式には中間周波数を取り出して、さらにハードウエアで12KHzの出力にしてPCにつなぐそうですが、周波数をずらして受信することで何とかなりました。
電波の状態が良ければラジオニュージーランドが17675KHzで日中受信できます。夕刻からは9870KHzでも受信できました。

ノイズだらけの短波放送とは思えない音質で受信できます。これから、専用の受信機が普及すれば、途上国などで音質の良い放送として普及するかもしれません。中波や短波放送など、廃れると思っていましたが、そうでも無さそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本が投資先として魅力がな... | トップ | ラジオニュージーランド DRM... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。