柄目木庵

良寛さまに思いをよせながら。

チューリップ「恋心」だなんて

2017年03月07日 | フォトギャラリー
 
 新しく「チューリップ展」となった「県立植物園」に出かけてきました。
なんしろ「チューリップ」は、その「切り花、球根」などの生産は日本「一」とか「二」の新潟県です。
とくに秋葉区はチューリップ生産のパイオニアでもありました。足取り軽く植物園へ、と言うことでした。
 
 ウェルカムデスプレーも「アザレアとチューリップ」のコラボに代わっていました。


 メインになる温室では、色とりどりのチューリップ、チューリップたちでした。
私の足取りが、あるコーナーでストップしてしまいました。新潟県生まれのチューリップの品種たちでした。 
 
 新しい品種を生み出すことは、とても夢のあることですね。またそのネーミングがとても素敵でした。
メモしてきた順番に間違いなければいいのですが、でも、なんとなくネーミングから、納得できる花の姿ですよね。

 「越爛漫こしらんまん」、「ホワイトスワン」、そして「雪うさぎ」だそうです。






 さらになんと「恋心」なんて、そのセンスにしびれました。
堂々たる花姿の「越王冠」、いかがでしょうか。わかるわかる、と言うネーミングですよね。




 以下は新潟生まれではないようですが、 お花の世界では「一重咲」から「八重咲」などと新しい品種が開発されるようですね。


 思い切った花姿「パーロット咲き」はクジャクのイメージとか。


 育種家の方の夢を感じさせられた今回の植物園でした。個人的には「バレリーナ」と言う品種が好きです。なぜか写真を撮っていなかったとは。
とてもたのしんだ植物園でした。写真作品を仕上げて、その題名を考えることに通じるものがありますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寺泊岬Seaside Bell | トップ | 季節の足踏み »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
艶めかしい (けんちゃ)
2017-03-08 09:18:53
花の表情に艶を感じますねえ、
何故かほかの花の写真よりも。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。