柄目木庵

良寛さまに思いをよせながら。

蓼科からの帰り道2

2016年10月15日 | 旅行など
 「ビーナスライン」を蓼科から、白樺高原へ、そして「白樺湖」周辺へ。「池の平温泉街」では「ニセアカシア」の黄葉がみごとでした。




 一気に駆け上がると「車山の気象レーダー」が見えました。そして「霧ヶ峰高原」にいたり、いくつもの展望駐車場」がありました。
まさに展望台なのです。「八ヶ岳連峰」、「南アルプス」が見えます。
実は、連峰のすそ野から、「富士山」が雲の衣を変化させながら、ずーっと見えていました。興奮の極みでした。




 あまり張り切って撮影していたので、お腹も減っていました。道の駅風の建物に寄り、そこで「おやき と バタじゃが」でお昼としました。
素敵な景色の中で食べると、格別においしいものですね。


 ここで、思わぬハプニングでした。ちょっと道を外れただけの昼食場所だったのに「ナビ」が「リルート」していたことに気づかずに走っていました。
なんと何と、グングン下り結果的に「諏訪湖湖畔経由ビーナスライン」の案内となってしまっていました。

 帰り道の時間を考えると、許される時間も少なくなっています。思い切って、このまま「諏訪IC」に直行の決断をしました。
高速道に乗り、やがて県境が近づいてくると、どんどんお天気模様が妖しくなってきていました。
やがて、新潟県側に入ると、とんでもないドシャブリです。「米山SA」までも降り続いていました。いやはやでした。
「長岡JC」から「新潟中央IC」までは、2車線ともびっしりの車、車でした。なんとか700kmを超える道のりを無事帰り着いて、疲れがどっと出ました。

 また、じきに元気になって、お出かけしたいなあ、まあ、そんなところでしょうね。ありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蓼科からの帰り道1 | トップ | 秋日和と音それに原発 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様 (けんちゃ)
2016-10-16 18:54:34
Q太郎さん、蓼科の旅 素敵でしたね。700Kmもの走行は凄い、その元気なお姿が羨ましいです。土曜日にたしろ高原まで行ってきました。300kmにも満たない距離でしたが、帰り道 堀之内PAで30分ほど仮眠しました。とても眠くて運転できませんでした。

帰り、道の駅南魚沼へ寄ってから六日町ICで高速道へ乗ろうとしましたがナビの言うとおり走ったら17号から外れて山際の道を走らされました。知っている道はナビを無視した方が良いことが多いです。結果、石打ICに戻れば良かったです。
人こそ主人公、実感! (Q太郎)
2016-10-17 13:25:36
たしろ高原の様子は、いかがでしたか。「けんちゃ」さんのことですから、夜空がお目当てだったでしょうか。
成果はいかがでしたか。でも、「けんちゃ」さんの情熱を感じますね。
いやー、今回の蓼科、けっこう厳しかったですよ。まだ、ちょっと疲れが残っちゃっている感じです。
車の自動運転などの技術が話題になっていますね。やはり人間がしっかりサポートしていないと危険なんじゃあないかな。
ナビだって、やはり人様のアドバイスや監視が必要なようですね。そんなところが、ドライブの楽しさにもなるのでしょうね。いやー、私もうっかり、手抜きでした。Hi.

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。