柄目木庵

良寛さまに思いをよせながら。

気付けばもう10月

2016年10月01日 | 旅行など
 ちょっと気を抜いていたら、なんと今日から10月、でした。
今朝ほどの我が散歩道は、あちらこちら秋の草花で満ちていました。


 
少し日にちが経ってしまっていますが、9月22日(お彼岸の中日)のことになります。
いつもなら秋分の日というのは、お天気が良い日のはずでした。

 しかし、この日男女3人を載せた車は時々雨模様の道を「南魚沼市(六日町)」へと関越高速道を走りました。
高速道を降りてから向かった先は、「トミオカホワイト美術館」でした。
美術館の作品群も、もちろん期待していましたが、私たちは思いがけない「雲と霧の八海山」というドラマチックな光景で歓迎されたのです。














 目の前に展開するシーンに美術館での鑑賞もそこそこに、外に飛び出して再び目の前のドラマの撮影でした。
霊峰「八海山(1,778m)」は昔から信仰の山であり、今では清酒の銘柄でも有名です。

 何年も前になりますが、私と家内とロープウェイから頂上近くの「千本ヒノキ小屋(9合目)」まで登っていました。
そのとき同行した家内JE0BFJがハンディー機で、八海山頂上からですと電波を発射。すぐさま、そこはまだ頂上ではありませんよ、
と応答があったりして、記憶に残る楽しい登山でした。

 私たちは、美術館からその日の宿「舞子高原ホテル」に向かうこととしました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お彼岸も過ぎて | トップ | 舞子高原へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
山行きは (電球)
2016-10-01 18:42:12
梅雨を思わせる湿度が高い空気のせいでしょうか?
今後も台風17号の北上で、お天気は平年と違いますねぇ。

奥方様とやや近い失敗をしたんです。
越後の山シリーズは、以前お話ししました苗場山の他、巻機山、谷川岳、八海山、粟ケ岳など有りますが、夜行でケーブル下で車中泊し、仲良くなった軽トラックのおじいさん?とケーブルカーの始発に乗って、歩き始めましたね。
リュックの中のビールを飲んだ途端に酔いが回り、途中で断念!と言う恥ずかしさがこの八海山には有ります。
この画像の山頂付近の修験者のルートは良いですね。
手前の小屋で断念した山行きでした。
でも八海山は大好きです。(お酒の方ですが・・・・。)(笑)
似たような経験 (Q太郎)
2016-10-01 21:42:48
電球さん、ありがとうございます。
若いときには、似たようなことをしているものなのですね。
私は、ロープウェイで天神平まで行き、そこから歩いて「谷川岳」に挑戦しました。途中で昼飯にしたのですが、持参した「菊水一番搾り」のカップ一杯を飲みました。
歩き始めて、周りの景色が回りだし、ひっくり返ってしまいました。動けなくなり、そこで大休み。家内が救急車をよびますか、にさらに腹痛まで加わりました。
救急車は谷川岳までは無理ですよね、ようやく無事に下山できたのでした。大失敗でした。

コメントを投稿

旅行など」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。