柄目木庵

良寛さまに思いをよせながら。

夏草を愛でながら

2017年05月18日 | 日々これ好日
 このところ晴天が続くようになり、まさに初夏。「新津川遊歩道」を川上に歩いてみた。里のイメージ、そのものです。
夕日に輝く野の花など、「ヒメジョオン」でしょうか。ざっくり雑草と言うのは申し訳ないよね、などと詫びながらのウォーキングでした。






 「ツツジですかサツキ」ですか、などと悩みます。まあ、ベンチにも休ませてもらえないくらいの夏草の元気の良さ。

 


 右上に見える「東屋」が、私の引き返す地点です。そこで小休止をして、対岸であるこちら側(左岸)に「太鼓橋」を渡ってきました。


 岸辺には、いつの間にか「ウツギの花」が咲いていました。この花って、なぜか好きですね。
そして「ヨシ」がどんどん伸びてきていました。ほどなく「ヨシキリ」が煩くさえずり始めることでしょう。


 やがて広い荒地の向こうにアンテナタワーが見えてきます。あれが我が家なのです。じつは「磐越西線」に乗っていても見えるのです。
この荒地は、昨年までは竹林と雑木林だったのです。すべて伐採されてしまいました。さあて、どのような具合の造成地となるのでしょうか。


 けっこう疲れますが、一日のノルマをこなしたかな、そんな満足感もあるのです
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新緑を愛でて | トップ | 西区寺尾の公園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。